スポンサーリンク

【予算別】10~25万円でPUBGが出来るGALLERIAゲーミングPCをいくつか紹介

デスクトップ型
この記事は約10分で読めます。

綺麗なグラフィックと多人数アクセス型で人気なPUBG。

この記事では、ドスパラのゲーミングラインナップ「GALLERIA」のPCで、PUBGがプレー可能なモデルを紹介しています。

現在発売されている「GALLERIA」のPCのほとんどは、PUBGが一応動作する必要スペックを満たしています。

しかし、快適にプレーできる推奨スペックは確保したいところですよね。

予算別におすすめのモデルを紹介しますので、自身のプレースタイルと合わせて検討してみてください。

ドスパラのゲーミングラインナップ「GALLERIA」とは

BTOパソコンメーカー国内大手のドスパラが手がけるPCゲーム専用機のブランドです。

国内外のeスポーツ大会やプロゲーマーに機材提供を行ったり、日本国内でのeスポーツの認知度を高めるために様々な活動を行っています。

 

豊富なラインナップを展開し、家庭で気軽にゲームを楽しむライトユーザー向けのモデルから世界大会を目指すプロゲーマーに応えるハイスペックモデルまでを取り揃えています。

公式通販サイトではゲームタイトルに合わせたスペックのカスタマイズ注文にも対応しています。

「GALLERIA」公式サイトはこちら

 

PUBGの必要スペックと推奨スペック

はじめにPUBGの必要スペックと推奨スペックをそれぞれ確認しておきましょう。

PUBGの必要スペック

  • OS:Windows7/8.1/10 64bit
  • HDD:30GB以上
  • CPU:Intel i5-4430・AMD FX6300
  • メモリ:8GB
  • GPU:GeForce GTX960・Radeon R7 370

2020年春時点での動作可能スペックを表しています。アップデートが入るたびにゲームのグラフィックの向上やデータ量の変化により必要スペックが向上する場合があります。

 

PUBGの推奨スペック

  • OS:Windows7/8.1/10 64bit
  • HDD:30GB以上
  • CPU:Intel i5-6600K・AMD Ryzen5 1600
  • メモリ:16GB
  • GPU:GeForce GTX1060 3GB・Radeon RX580 4GB

推奨スペック以上のPCであれば快適にゲームをプレーすることが可能です。

アップデートが入って推奨スペックが変更になることは基本的にありません。

ゲームに加え生配信や録画を行う場合にはPCへの負荷がより大きくなるので、推奨スペックよりワンランク上のPCを購入することをお勧めします。

 

予算10万円ならこのガレリアゲーミングPC

ドスパラ GALLERIA RJ5

ドスパラ「GALLERIA」のエントリーモデルです。

本モデルはメモリが推奨スペックを満たしていませんが、PUBGをプレーすることは可能です。

しかし、最高画質に設定してプレーするとデータ処理が追いつかなくなりフリーズする可能性があるので、画質設定は気持ち低めで使用することをオススメします

CPU:AMD Ryzen 5 3500
ビデオチップ:GeForce GTX 1660
メモリ:8GB
ストレージ:1TBHDD+256GBSSD
価格:約8万円(+税)

 

ドスパラ GALLERIA RT5

ドスパラ「GALLERIA」のエントリーモデルです。

CPUは第3世代 AMD Ryzen 5 3500、ビデオチップはGeForce GTX 1660 SUPER、メモリ容量16GB、ストレージ容量1TBHDD+256GBSSDを搭載しています。

推奨スペックを十分に満たしているだけでなく、メモリが大容量なので様々なタイトルをこれ一台で楽しむことができます。

CPU:AMD Ryzen 5 3500
ビデオチップ:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:16GB
ストレージ:1TBHDD+256GBSSD
価格:約9万円(+税)

 

予算10~20万円ならこのガレリアゲーミングPC

ドスパラ GALLERIA AXT

ドスパラ「GALLERIA」のミドルクラスモデルです。

eスポーツ大会でも使用されるほど信頼性と人気が高いモデルです。

CPU:AMD Ryzen 7 3700X
ビデオチップ:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:16GB
ストレージ:2TBHDD+512GBSSD
価格:約12.5万円(+税)

 

ドスパラ GALLERIA XF

ドスパラ「GALLERIA」のミドルクラスモデルです。

CPUは第9世代インテル Core i7、ビデオチップはGeForce RTX 2070 SUPER、メモリ容量16GB、ストレージ容量2TBHDD+512GBSSDを搭載しています。

推奨スペックを十分に満たしているだけでなく、ストレージが大容量なので様々なタイトルをこれ一台で楽しむことができます。

CPU:Core i7-9700F
ビデオチップ:GeForce GTX 2070 SUPER
メモリ:16GB
ストレージ:2TBHDD+512GBSSD
価格:約16.5万円(+税)

 

ドスパラ GALLERIA GCR1650GF7

ドスパラ「GALLERIA」シリーズのノートPCです。

CPUは第9世代インテル Core i7 9750H、ビデオチップはGeForce GTX 1650 + Intel UHD Graphics 630、メモリ容量16GB、ストレージ容量500GBSSDを搭載しています。

シンプルで洗練されたデザインと機能性を両立させたモデルです。

SSDストレージを搭載しているのでデータの読み書きは非常にスムーズですが、容量は少なめです。

CPU:Core i7-9750H
ビデオチップ:GeForce GTX 1650
メモリ:8GB
ストレージ:2TBHDD+500GBSSD
価格:約10万円(+税)

予算20~25万円ならこのガレリアゲーミングPC

ドスパラ GALLERIA ZG

ドスパラ「GALLERIA」シリーズのハイクラスモデルです。

CPUはインテル Core i9 9900KF、ビデオチップはGeForce RTX 2080 SUPER、メモリ容量16GB、ストレージ容量1TBSSDを搭載しています。

ゲームと同時に配信や録画など複数の作業を行うことが可能なスペックです。

ゲームを極めてプロや配信者を目指したい方にオススメです。

CPU:Core i9-9900K
ビデオチップ:GeForce RTX 2080 SUPER
メモリ:16GB
ストレージ:1TBSSD
価格:約22万円(+税)

 

ドスパラ GALLERIA AXZ

ドスパラ「GALLERIA」シリーズのハイエンドモデルです。

2020年春時点での市販モデルでは最上級モデルになります。

ゲーマーだけでなく、高度なコンピューター処理が必要な3Dデザイナーや学術研究者にもオススメです。

CPU:AMD7 3700X
ビデオチップ:GeForce GTX 2080 SUPER
メモリ:16GB
ストレージ:1TBSSD
価格:約20万円(+税)

 

まとめ

PUBGが出来るガレリアのゲーミングPCを紹介してきました。

ドスパラの「GALLERIA」シリーズは商品展開が非常に豊富で、記事内では紹介できていない機種がたくさんあります。

この記事ではおすすめPCをピックアップしましたが、他の機種も見てみたい方は公式ホームページや実店舗へ足を運ぶことをおすすめします。

この記事がPC購入の参考になれば幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました