スポンサーリンク

【予算20万円】ミドルタワーでおすすめのBTO製ゲーミングPC5選

デスクトップ型 パソコン
この記事は約8分で読めます。

昨今、若年層を中心に新しいゲームプラットフォームとして名が広がっているゲーミングPCですが、種類が色々あります。

まずゲーミングPCは「ゲーミングノートPC」と「ゲーミングデスクトップPC」の2つに分かれ、ゲーミングデスクトップPCになると(大きい順に)「フルタワー」「ミドルタワー」「ミニタワー」「スリムタワー」「コンパクトタワー」という種類があります。

この「○○タワー」というのは、モニターを抜きにした筐体のみの大きさによって名付けられます。

大きくなるほどカスタマイズ性が高く排熱性能も高くなり、小さくなるほど省スペースで置き場所に困りません。

今回はその中でも、一番人気のミドルタワーについて、オススメモデル5選をご紹介します!

 

今回ご紹介するBTOメーカー

まずミドルタワーを紹介するにあたり、選定先のBTOメーカーは「ドスパラ」「マウスコンピュータ」「パソコン工房」の3社に注目しました!

BTOメーカーにも色々ありますが、この3社は歴史が長く実績が多いため初めてゲーミングPCを購入する方にもオススメのメーカーです。

 

ドスパラ

まずはドスパラからご紹介!ドスパラはミドルタワーのモデルをシリーズ展開しており、「Xシリーズ」「Zシリーズ」と名付けられています。今回は各シリーズから1モデルずつご紹介!

GALLERIA XF

価格:10万円台
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル Core i7-9700F (3.00GHz-4.70GHz/8コア/8スレッド/内蔵グラフィックス非搭載)
GPU:NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GB (HDMI x1,DisplayPort x3)
メモリ:16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ:SSD[512GB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 2000MB/s)]/HDD[2TB HDD]

上記のスペックとなっています。

このモデルはドスパラでも売れ筋ランキング第1位の座に長く君臨しているほど、ドスパラで購入するには最もオススメのモデルとなっています!

価格が他のモデルに比べ控えめとなっていますが、CPUにi7-9700Fを搭載しグラフィックボードにRTX 2070を搭載しているため、最近のゲームで数多くのものは問題なく遊ぶことが出来ます!

メモリも16GBでSSDが512GBを搭載している点も、長く使っていくことを想定するとお買い得だと思います!

 

GALLERIA ZZ

価格:20万円台
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル Core i9-9900K (3.60GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド)
GPU:NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti 11GB (HDMI x1,DisplayPort x2,USB TYPE-C x1)
メモリ:16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ:SSD[1TB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 3000MB/s)]

上記のスペックとなっています。

このモデルはZシリーズの中でも最高峰のモデルで、「ワンランク上の性能を望むあなたへ」と謳われているZシリーズの中でも多くの人から絶大な支持を受けています!

なんといっても特長は、CPUにCore i9-9900Kを搭載しGPUにRTX 2080 Ti 11GBを搭載しているポイントです。数年前だと考えられなかったレベルの高スペックで、将来性を考えても十二分に発揮できるほどの輝かしいパーツ構成が特長ですね。

SSDも1TB搭載しているため、「多くのゲームを並行で遊びたい!けどロードも勿論少なくしたい!」というゲーマーの気持ちを汲んで構成されていることが分かります。

少しお金に余裕があり、これからゲーミングPCで遊んでいきたいという方には一番オススメのモデルです!

 

マウスコンピューター

マウスコンピュータはNEXTGEARシリーズのみ、ミドルタワーのモデルを販売しています。

 

NEXTGEAR i690SA5

価格:10万円台
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:インテル Core i7-9700(8コア/ 3.00GHz/ TB時最大4.70GHz/ 12MB スマートキャッシュ)
GPU:GeForce GTX 1660 Ti 6GB
メモリ:8GB(PC4-19200 DDR4)
ストレージ:SSD[M.2 SSD 256GB (NVMe対応)]/HDD[1TB]

上記のスペックとなっています。

このモデルはカジュアルゲーマー向けに構成されており、配信などは行わずゲームのfps確保に注力しコストも抑えたいという方にオススメです!

特長はSSDがM.2 SSDを搭載していることにあり、これは従来のSSDよりもデータ転送速度が向上し省スペース化していることがメリットなため、ロード時間の削減を大幅に実現することが可能です!

金額を抑えつつ、ゲーム環境はある程度しっかりしたもので遊びたいという方にオススメです!

 

NEXTGEAR i690PA5

価格:20万円台
OS:Windows 10 Home 64ビット (DSP)
CPU:インテル Core i7-9700K(8コア/ 3.60GHz/ TB時最大4.90GHz/ 12MB スマートキャッシュ)
GPU:GeForce RTX 2080 SUPER 8GB
メモリ:16GB (8GB×2/デュアルチャネル/PC4-19200 DDR4)
ストレージ:SSD[512GB インテル 660p (NVMe対応/ M.2規格/ PCI Express ×4 接続)]/HDD[1TB]

上記のスペックとなっています。

このモデルは1つ目のカジュアル向けではなく、プロフェッショナル向けモデルと謳われており、比較すると金額は高めなものの昨今のゲームソフトは十二分に遊べる高スペックを誇っています!

メモリは16GBでSSDはM.2 SSDということからも、カクつきやロードを少ない環境で快適なゲーム体験が可能なモデルです!

ある程度まとまったお金は出してもいいから、最高のゲーム体験を確保したいという方にオススメです!

 

パソコン工房

パソコン工房はLEVEL∞ R-Classというシリーズのみ、ミドルタワーのモデルを販売しています。

 

LEVEL-R040-i7K-TWA

価格:10万円台
OS:Windows 10 Home 64ビット
CPU:Core i7-9700K(8コア / 8スレッド)
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER 8GB GDDR6
メモリ:16GB(8GB×2/DDR4-2666 DIMM (PC4-21300))
ストレージ:SSD[480GB]/HDD[2TB]

上記のスペックとなっています。

このモデルはメモリが16GBでかつ、合計ストレージが2TB以上あるのが特長ですね!

価格は10万円台なので、「手頃な値段で!でもやりたいゲームも沢山ある!」という方にオススメです!

 

さいごに

上記のモデルはどれも独自のカスタマイズが可能とのことだったので、お手元に届くまでにBTOメーカーのプロの方により高スペックなパーツを搭載してもらうといったことも可能です!

勿論、今回取り上げたミドルタワーの最大の特徴は「カスタマイズ性が高いこと」なのでご自宅で愛用なさってから『そろそろ最新ゲームが辛くなってきたな……』という方や『現状に不満はないけど、もっと良いパーツで極上のゲーム体験をしたい!』という方は、ご自身でPCパーツを組み替えることも可能です!

自分なりのMyゲーミングPCを製作して、最高のゲーム環境を構築してみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました