スポンサーリンク

パソコン工房LEVEL∞シリーズの20万円以内で買えるゲーミングPCおすすめ5選

デスクトップ型 パソコン
この記事は約9分で読めます。

今回ご紹介するのはパソコン工房です。パソコン工房は株式会社ユニットコムという会社で、パソコンモニターで有名なiiyamaというメーカー製のパソコンを取り扱っています。

さらに株式会社MCJのグループ会社で、マウスコンピューターの兄弟会社でもあります。知名度はマウスコンピューターの方が上ですが、パソコン工房で取り扱っているPCも負けず劣らず良いものがそろっていますし、製造が長野県飯山市という国内生産というのもポイントですね。

そして本当にラインナップが豊富です。今回はその中でも10万から20万円の価格帯で選んでみました。

おすすめのゲーミングPCを5つ紹介!

それではPCを見ていきましょう。この価格帯はお求めやすい価格帯ということもあり、パソコン工房の中でも特にラインナップは豊富です。

また、あまり見かけない面白いモデルが散見するのも特徴的ですね。ちょっと人と違ったPCにしたい人にもオススメです。

LEVEL-M0B4-R53-RJX

価格(税抜き):101,980 円~

CPU:Ryzen 5 3600(6コア / 12スレッド / 3.6GHz)
グラフィックス:GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
メモリ容量:16GB(8GB×2)
ストレージ:NVMe対応 M.2 SSD 500GB
電源:500W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

まずは今回の価格帯でもコスパに優れた1台です。CPUにはRyzen5 3600を搭載しております。

Ryzen5の中でもミドルクラスに位置するスペックです。また、それに対応するチップセットもB450とミドルクラスに位置するものが搭載されております。つまり真ん中レベルのパーツできっちり作ってあるモデルになります。

初めて買うから冒険はできないけれど、コスパに寄りすぎて残念な思いもしたくない。という人にはちょうど良いのではないでしょうか。

ちなみにグラフィックスに採用されているGeForce GTX 1660 SUPERもミドルクラスになります。

 

LEVEL-IN7N-i7-VHX

価格(税抜き):129,980 円~

CPU:Core i7-8705G(4コア / 8スレッド / 3.10GHz)
グラフィックス:Radeon RX Vega M GL graphics
メモリ容量:8GB(4GB×2)
1stストレージ:NVMe対応 M.2 SSD 250GB
電源:230W[ACアダプター]

続いてご紹介するのは、IシリーズというPCです。

こちらは数あるゲーミングPCの中で最もコンパクトなPCの一つと言えます。スペック表のサイズをご確認いただくか実際にパソコン工房のHPで確認していただきたいのですが、高さ(厚さ)が39mmとものすごく薄いです。

こちらのPCであれば省スペースかつ自分の好みのモニターでプレイができます。また、デスクトップなのに標準で無線が使えたり面白いところがあるのですが、メモリが8GBだったりと一長一短ですので、好みがわかれるところかもしれませんね。

 

LEVEL-R049-iX7-RWSH-ExE

価格(税抜き):161,980円~

CPU:Core i7-10700(8コア / 16スレッド / 2.90GHz)
グラフィックス:GeForce RTX 2060 SUPER 8GB GDDR6
メモリ容量:16GB(8GB×2)
1stストレージ:Serial-ATA SSD 480GB
2ndストレージ:Serial-ATA HDD 2TB
電源:700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

続きましては、今回ご紹介する価格帯の真ん中あたりの金額なので、この価格帯を狙っている人にとってはある意味ちょうどよいスペックでしょうか。

CPUが第10世代のCore i7でチップセットがZ490です。どちらもシリーズのハイクラスのパーツになりますので、性能は折り紙付きですね。とがった構成ではなく、バランスが良い構成となっておりますので、少し本格的にPCでゲームをやってみたいと考えている方にとっては良い1台です。

キーボードとマウスが標準で付属するのもうれしいかもしれませんね。

 

LEVEL-C046-LCiX7-VWXH

価格(税抜き):198,980 円~

CPU:Core i7-10700(8コア / 16スレッド / 2.90GHz)
グラフィックス:GeForce RTX 2080 SUPER 8GB GDDR6
メモリ容量:32GB(16GB×2)
1stストレージ:NVMe対応 M.2 SSD 500GB
2ndストレージ:Serial-ATA HDD 2TB
電源:700W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

今回の価格帯ではMAXレベルの構成となります。グラフィックスがGeForce RTX 2080 SUPERを採用していてかなり高性能になっております。

そして、この価格帯のPCでは珍しくメモリ容量が32GBとなっている点も見逃せません。また、コンパクトにも関わらずユニークなケースを採用しているのでエアフローも良さそうです。ただし、一点だけ気になることを挙げるとすればチップセットがB460という点です。

こちらはややビジネス寄りの性能とされていますので、もしかすると、これがZ490だったとしたら20万円を切った金額は難しかったかもしれませんね。

 

LEVEL-15FXR22-R7X-ROSVI

価格(税抜き):162,980円~

CPU:Ryzen 7 3700X(8コア / 16スレッド / 3.6GHz)
グラフィックス:GeForce RTX 2060 6GB GDDR6
メモリ容量:16GB(8GB×2)
1stストレージ:NVMe対応 M.2 SSD 500GB
2ndストレージ:Serial-ATA HDD 1TB
電源:ACアダプターまたはリチウムイオンバッテリー
バッテリー持続時間 (※JEITA測定法Ver.2.0準拠) 約0.9時間
重量:約2.7kg(※バッテリー含む)

最後はゲーミングノートです。15型でフルHDの解像度、144Hzのリフレッシュレートとゲームをするには十分の環境が整っております。

また搭載されているCPUのRyzen7 3700Xですが同価格帯のCore i7に比べてベンチマークで非常に高いパフォーマンスを発揮しているようですので、性能面も安心ですね。ゲーミングPCでコスパ重視だと2ndストレージがついてないことはよくありますが、この機種はノートながら2ndストレージも搭載されているので、その辺りも大変お買い得だと思います。

 

さいごに

今回は他のショップではなかなか取り扱っていない特徴的なモデルを含めてご紹介してみました。

パソコン工房はラインナップが非常に豊富なのも特徴で、人によっては「多すぎて選びづらい」とデメリットに感じてしまうこともあるようです。しかし、それだけ自分にあったモデルを見つけられる可能性がありますから、金額やCPU、グラフィックス、はたまた直感など自分にあった切り口で楽しみながら選んでみてくださいね。

また、比較検討することで、PCを選ぶための知識と楽しみが広がると思います。それでは楽しいゲーミングPCライフをお送りください!

タイトルとURLをコピーしました