スポンサーリンク

パソコン工房LEVEL∞シリーズから20万円後半で購入できるおすすめのゲーミングPCを5つ紹介

デスクトップ型 パソコン
この記事は約9分で読めます。

今回ご紹介するPCの価格帯は、かなりハイスペックなものが期待できる20万円台後半の数々です。

中々購入しようと思いきれるレベルではない価格帯ですよね。確かに上を見ればキリがありませんし、これより高いPCが存在するのも事実です。

ここで紹介するPCはそれぞれのパーツに最高クラスのグレードが使われており、BTOショップでも大体このクラスでラインナップが終わっていることから、これ以上のPCはなかなかないと思いますよ。

おすすめのゲーミングPCを5つ紹介!

それでは早速PCを見ていきましょう。今回ご紹介するのはパソコン工房のPCから5つ紹介します。パソコン工房はラインナップが豊富だと思いますが、さすがにこのクラスになってくると他の価格帯ほど選択肢はないようです。

これはきっと、この価格帯を狙う人はPCにも詳しいからラインナップを充実させる必要はないということかもしれませんね。では20万円後半から30万円以内で買えるPCを高い順にご紹介します。

 

LEVEL-FMX5-R93X-VWVI

価格(税抜き):285,980円~

CPU:Ryzen 9 3950X(16コア / 32スレッド / 3.5GHz)
グラフィックス:GeForce RTX 2080 SUPER 8GB GDDR6
メモリ容量:16GB(8GB×2)
1stストレージ:NVMe対応 M.2 SSD [PCIe 4.0×4] 1TB
2ndストレージ:Serial-ATA HDD 2TB
電源:850W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

今回はいきなり最高値からご紹介するわけですが、ご紹介する上限の30万円に少し余力を残しつつこの構成となっております。

順に見て行きますとCPUがRyzen9 3950Xですので、最高クラスを搭載していますね。グラフィックスもGeForce RTX 2080 SUPERですから、基本的にはどんなゲームでもサクサク動くと思います。

しかし、どちらかというとバランスがゲーム1本というよりも動画配信や編集もできるようなバランスの取れた構成となっています。ゲームを楽しむだけじゃなく人に魅せるプレイヤーにおすすめですね。

 

LEVEL-R0X5-R73X-XYVI-FB

価格(税抜き):269,980円~

CPU:Ryzen 7 3800X(8コア / 16スレッド / 3.9GH)
グラフィックス:GeForce RTX 2080 Ti 11GB GDDR6
メモリ容量:16GB(8GB×2)
1stストレージ:NVMe対応 M.2 SSD 1TB
2ndストレージ:Serial-ATA HDD 2TB
電源 850W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

次にご紹介しますこちらは、プロゲーミングチーム「父ノ背中」とのコラボモデルとなっております。『Rainbow Six Siege』で有名ですね。プロゲーミングチームとのコラボモデルらしくグラフィックスにはGeForce RTX 2080 Tiを搭載しています。

どんなゲームでもどんな画質でもどんと来いという感じですね。ただ、スペック的にはとても良いのですが、ミドルタワーケース採用という部分だけ好みが分かれるかなとも思います。どうしてもフルタワーが良いという人以外にはオススメですね。

 

LEVEL-G049-LCiX9K-XYXH

価格(税抜き):264,980円~

CPU:Core i9-10900K(10コア / 20スレッド / 3.70GHz)
グラフィックス:GeForce RTX 2080 Ti 11GB GDDR6
メモリ容量:16GB(8GB×2)
1stストレージ:NVMe対応 M.2 SSD 500GB
2ndストレージ:Serial-ATA HDD 2TB
電源:700W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

続くモデルはCPUにCorei9-10900K、グラフィックスに:GeForce RTX 2080 Tiを搭載したこれ以上ないゲーミング性能をもった1台です。

チップセットもZ490ですし、重いゲームにも安心して熱中できますね。1stストレージは500GBですが、2ndストレージもありますし、おそらく全く問題はないと思われます。

ただ、今回のこのモデルはフルタワーなので、たくさん拡張したいという人にとっては700Wの電源がネックになるかもしれません。その場合は少しパワーアップしてみるのも良いかと思います。

 

LEVEL-FMX5-R93X-TWVI

価格(税抜き):263,980円~

CPU:Ryzen 9 3950X(16コア / 32スレッド / 3.5GHz)
グラフィックス:GeForce RTX 2070 SUPER 8GB GDDR6
メモリ容量:16GB(8GB×2)
1stストレージ:NVMe対応 M.2 SSD 1TB
2ndストレージ:Serial-ATA HDD 2TB
電源:850W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

続きまして、構成が最初に紹介したLEVEL-FMX5-R93X-VWVIと似ている1台になります。

こちらはCPUが同じRyzen 9 3950Xではあるものの、グラフィックスはGeForce RTX 2070 SUPERとなっております。もしかしたら、この価格帯のPCを必要とする方たちであれば、物足りないと思ってしまうのかもしれません。

でも、GeForce RTX 2070 SUPERはQWHDサイズまでなら重めのゲームでも平気なようなので、4Kなどにこだわらないならこのままで良いかもです。電源に余裕があるので、のちのちグラフィックスの差し替えするのもありですね。

 

LEVEL-R049-LCiX9K-XYXH


価格(税抜き):262,980円~

CPU:Core i9-10900K(10コア / 20スレッド / 3.70GHz)
グラフィックス:GeForce RTX 2080 Ti 11GB GDDR6
メモリ容量:16GB(8GB×2)
1stストレージ:NVMe対応 M.2 SSD 500GB
2ndストレージ:Serial-ATA HDD 2TB
電源:700W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

最後にご紹介するのは、なぜこの構成でこのお値段なのかわからないですが、お得感満載の1台です。CPUがCore i9-10900KでグラフィックスがGeForce RTX 2080 Tiなのは先ほどご紹介したものと同じです。

紹介し切れなかったのですが、LEVEL-G049-LCiX9K-XYXHにも水冷CPUクーラーがついているようです。パソコン工房はケースについてHPで細かく確認できないのですが、『ケースの内部マージンにゆとりがあり』という一文を見る限り、おそらくエアフロー等もきっちり考えられたものになっていると推測されます。

価格が高いものがスペックも高いのは確かですが、このPCは高い価格帯にも対抗できる、かなりお買い得な1台ではないでしょうか。

 

さいごに

パソコン工房は本当にラインナップが豊富で選ぶのが大変です。玉石混交という言葉はありますが、パソコン工房には「石」はないようにも感じます。

ですから、どれもこれもバランスよく作られているため、選びづらいという嬉しい悲鳴でもあるでしょう。迷った場合、各パーツについて調べてみると、本当に自分が欲しい機能は何なのかという部分に気付けるかもしれないですね。

そして、このくらいの性能を持つPCになると、社会人でも好きなだけパーツを増設して好みの1台を一度に作り上げるというのは金銭的に難しいレベルになってくることでしょう。

なので、一度この構成で購入して、次にパーツを取り換えてパワーアップさせるという手は有効です。何にしても最高のパフォーマンスを発揮できるPC達ですので、楽しいゲーミングライフをお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました