スポンサーリンク

ゲーミングPCを買いたいなら知っておきたいPCの価格帯とスペック

コラム
この記事は約6分で読めます。


一般の人には、ゲーミングPCと普通のパソコンの違いは分からないですよね。一概に性能が違うといわれてもピンとくる人は少ないです。

簡単に言うと、一般的なPCとゲーミングPCの大きな違いは「グラフィックカード」があるかないかです。

 

グラフィックカードはゲームをプレイするために重要な部分で、ゲーミングPCには基本的にグラフィックカードが搭載されています。

このグラフィックカードの性能が高ければ高いほど、綺麗で滑らかにゲームを楽しむことができるようになっています。

 

しかしグラフィックカードの性能が高いと、ゲーミングPC自体の価格も高くなる傾向にあります。

また、高性能なグラフィックカードを搭載するなら、グラフィックカードだけでなく他のパーツの性能もじっくりと吟味しなければなりません。

 

そこがゲーミングPC購入のハードルを上げているんだと思います。

 

なので今回は、ゲーミングPC初心者の人に向けて、選び方で最低限押さえて欲しいポイントと、必要な予算について紹介していきたいと思います。

 

ゲーミングPCを買う時に意識するポイント

ゲーミングPCを購入する際に、ただ高いゲーミングPCが良いというわけではありません。

A社とB社で、スペックに違いがないのに価格が5万円以上変わることもあります。

 

PCは価格が高ければ高いほど高性能のものが手に入りますが、用意する予算に収まらないこともあるでしょう。

 

まずはゲーミングPC選びにおいて、最低限意識してほしい部分を紹介します。

具体的にどのパーツを意識するのか、そして予算感はどれくらいなのかを書いていますので、自分の予算に合わせてチェックしてみてください。

 

プレイしたいゲームを快適にプレイするためには避けて通れない部分ですので、しっかりと選ぶようにしましょう。

 

CPU


CPUはゲームやアプリの処理をする役割を担っています。そのため、性能が高いほど速く処理を完了することができ、動作に大きく影響する部分になります。

昨今のゲームはパソコンに要求するスペックが高くなっているため、Intel社の「Core i5」以上が無難でしょう。

 

具体的な価格としては「Core i5」が2万円前後となっており、「Core i7」が4万円前後、最上級となる「Core i9」が6万円前後となります。

CPUに関しては性能が高いにこしたことはありません。ゲーミングPCに十分な予算を投入できるのであれば、妥協せずにハイエンドを求めていきたいところです。

 

グラフィックカード


初心者の人が一番つまずきやすいパーツが、このグラフィックカードかもしれません。

ゲーミングPCに不可欠なパーツですので、しっかりと考えてあげてください。

 

ゲーミングPCに多く採用されているのがNVIDIAの「GeForceシリーズ」で、ゲーム会社も「GeForceシリーズ」を基準に開発をしています。

安定したグラフィックでゲームをプレイするなら、最低でも「GTX1050」が必要で、そこからグラフィックカードのグレードが上がれば上がるほど快適にゲームプレイできます。

具体的には「GTX1050」は2万円に収まるケースが多いですが、執筆時点での最高クラスとなる「GTX2080」にもなると10万円台が当たり前に。

 

しかし、グラフィックカードは高品質の製品を選べば良いというわけではありません。ボトルネックというものがあり、CPUよりもグラフィックカードの性能が高い場合、CPUが処理しきれないという問題を起こします。

 

快適にゲームを遊ぶためにはCPUとグラフィックカードのバランスが重要で、どちらかをベースにして考えれば、理想のゲーミングPCを購入できるといえるでしょう。

 

ゲーミングPCの価格帯は?


初めてゲーミングPCを購入しようと考えていても、具体的にどれくらいの予算が必要になるのかが分かりません。

そこで実際に販売されている人気のゲーミングPCから、必要な予算をひも解いていくことにしましょう。

 

最近のゲーミングPCは有名ゲームや人気ゲームを気軽に楽しめるように、難しいパーツ選びを省いた既製品として販売されているケースが多くなっています。

そういった組みあがったタイプのゲーミングPCは、ゲームをプレイするためにハイスペックなCPUとグラフィックカードを搭載しているので、大体は15~20万円の価格帯で販売されています。

 

最低限のスペックを搭載したゲーミングPCはいくら?

快適にゲームを楽しむためには、ずばり15~20万円の予算が必要になります。

ですがやっぱり低価格でゲーミングPCを手に入れたいと考える人は後を絶ちません。

 

そんな人におすすめなのは、ドスパラで販売されているゲーミングPC「GALLERIA」シリーズです。

安いものだと価格は10万円に収まりますので初めてのゲーミングPCとして大変人気があります。
ドスパラの格安モデルはこちら

 

また、自作パソコンの場合でも、パーツ選びに時間をかければ10万円に収めることも十分に可能です。必要ない部分をそぎ落として、理想のゲーミングPCを作ることができます。

しかし、知識が必要な分ハードルは高いですし、ドスパラなどのBTOショップで買うのとあまり価格も変わりませんので、こだわりが強い方や故障した時に自分で修理したい方以外にはおすすめしません。

 

あと、中古パーツを組み合わせてゲーミングPCを作ることも可能ですが、こちらは逆に安定した動作に不安が付きまとうことに。やはり安定した動作、快適なプレイも求めていくなら、最低でも予算は10万円ほど用意したいところです。

 

ハイエンドゲーミングPCになるといくら?

快適なプレイはもちろん、最高のグラフィックに滑らかな動きでゲームを楽しみたいという人は、ハイエンドゲーミングPCがおすすめです。

しかしハイエンドゲーミングPCになれば予算は上限はありません。CPUとグラフィックカードだけでなく、メモリやストレージ、電源やファンなど、こだわれる部分が多くあり、こだわればこだわるほど価格が上がり続けます。

 

それだけに具体的な予算感を伝えることが難しいですが、いわゆるハイエンドゲーミングPCとして販売されている製品は、30万円を超えることが珍しくありません。

しかしいきなりハイエンドゲーミングPCに手を出さなくても、将来的に同等の性能まで高めていくことができます。

 

ゲーミングPCは後からカスタマイズできますので、性能に物足りなさがあれば、グラフィックカードを交換するといった方法が可能です。

そのため無理をしてハイエンドに手を出すのではなく、十分予算に見合った性能を持つゲーミングPCを手に入れることが理想となります。

 

まとめ

ゲーミングPCは予算があるほど、高性能な1台を手にすることができます。しかし初心者の人には、なかなか手を出しづらい部分なのかもしれません。

しかし高ければ高いほど性能が良いというわけではなく、パーツの組み合わせによっては、本来の性能を発揮できないケースもあります。

 

そのためただ多くの予算を用意するのではなく、どのようなゲームをプレイしたいのか、必要なスペックや環境を考えることになるでしょう。

 

正直言って、ゲーミングPCは高級品です。

後悔しない買い物をするために、何が必要なのかをじっくりと検討してから購入するようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました