スポンサーリンク

ゲーミングPCの音がうるさいときに変えておきたい5つの設定方法

コラム周辺機器
この記事は約5分で読めます。

最近ゲーミングPCを使ってゲームを楽しむ人は多いと思います。そのゲーム中にゲーミングPCの音がうるさいことに悩む方多いのではないでしょうか。

ゲームを楽しむ時間を快適にしたいそこのあなた。

お使いのゲーミングPCの設定を変えることから始めてみませんか?

この記事ではそんな方におすすめしたい音を軽減するための設定方法を5つ解説します。

 

ゲーミングPCの音を抑える5つの方法

 

ゲーミングPCの負荷になっているソフトを閉じる

CPUに負荷がかかるソフトを使っていると熱をもって音が大きくなります。

ゲームを楽しむときは、使っていないソフトは閉じておくと良いでしょう。

Macならアクティビティモニタ、WindowsならタスクマネージャーでCPUの負荷状態を確認できます。

ゲームをする時は、負荷をかけているソフトを閉じてCPUに無駄な負荷をかけないようにしてみましょう。

 

ゲーミングPCの電力モードを省電力モードにする。

ゲーミングPCの電力モードを省電力モードにすることで温度上昇を抑えることができます。

省電力モードにすることでゲーミングPCの動作中の音を小さくすることが可能です。そのやり方を説明します。

 

  1. (Windowsキー + Pauseキー)または(Windowsキー + Fnキー + Pキー)でシステム画面が表示されます。
  2. 電源とスリープタブをクイック。次に電源の追加設定をクイックする。そうすると電源オプション画面が表示されます。
  3. 「バッテリーに表示されるプラン」か「追加プランの非表示」の中にあるEcoを選択する。これで設定完了になります

 

この設定でファンの駆動音を小さくすることが可能です。これによりゲーミングPC動作中の音が軽減できます。

 

ハードディスクのデータを整理する(デフラグ)

ゲーミングPCのハードディスクのデータを整理しデータのアクセス効率を最適化することをデフラグといいます。

デフラブすることでハードディスク内の処理が軽くなります。それよりゲーミングPCの動作中の音を軽減することができます。

その手順を説明していきます。

 

  1. (Windowsキー + Pauseキー)または(Windowsキー + Fnキー + P)でシステム画面が表示させる。
  2. 左のタブの中から記憶域タブを開く。記憶域の中のその他のストレージ設定から「ドライブの最適化」をクイック。
  3. そうするとドライブの最適化という画面が表示されます。その中の「最適化」をクイックする。最適化が開始されます。完了すればデフラグは終わりです。

 

定期的にデフラグを行い処理が重たくならないようしておきましょう。

 

BIOSを使ってファンの回転数を調節する

BIOSを使うとファンの回転数を変えることができます。ファンの回転数を調節することによりゲーミングPCの音を小さくすることが可能です。

BIOSとはBasic Input Output Systemの略称で、キーボードやディスプレイといった入出力装置を制御するプログラムです。

メーカー製のゲーミングPCはファンの回転数が最適化されています。

しかしメーカー製のゲーミングPCでBIOSを初期化してしまったゲーミングPC、自作のゲーミングPC、BTOPCなどBIOSを設定してない場合、ゲーミングPCの音を小さくできる可能性があります。

そんな時はBIOSからファンの回転数を最適化しましょう。

※設定画面は使用しているマザーボードによって違います。使用しているマザーボードのメーカーのホームページで設定法が紹介されています。それを見ながら設定しましょう。

今回は例として、ASUSTeKのP5Bを使います。

 

  1. ゲーミングPCの電源を入れたらすぐに「F2キー」か「Deleteキー」を連打しましょう。
    そうするとBIOS設定画面が表示されます。
  2. BIOS設定画面の中のHardware Monitorという項目があります。ここからファンの回転数を下げることができます。

 

ファンの回転数をコントロールするソフトを使う

フリーソフトを使ってファンの回転数を調節し、駆動音を小さくする方法があります。それを紹介します。

温度を感知してCPUやハードディスクなど各パーツについているファンの回転数をコントロールすることが可能です。

 

代表的なソフトはSpeedFanMacs Fan Controlです。どちらもフリーソフトなので使ってみてください。

 

注意点

ファンの回転数を調節して音を小さくした場合、CPUやグラフィックボードを冷却できなくなり動作不良になることもあります。

CPUやグラフィックボードを静音性、冷却性能の高いパーツに交換する、ゲーミングPC内の埃を除去して熱上昇を抑えるなど、他の方法を併用することも考えてみてください。

この記事で紹介した設定だけよりも音が抑えられると思います。

 

まとめ

ゲーミングPCでゲームを快適に楽しむのに音対策は必要です。本記事で紹介した方法を試して快適にゲームを楽しみましょう。そんなに難しい操作ではないのでやってみることをオススメします。

それで改善することができない場合はパーツの交換、ゲーミングPC内の掃除など他の方法を試してみましょう。

それでもゲーミングPCの音が軽減できない場合は故障していることが原因の時もあると思います。そんな時は専門の業者に修理をお願いするか、買い替えを考えてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました