>インターネットを月3,000円で使う方法はココ<
スポンサーリンク

うるさくなったゲーミングPCには冷却を!冷却性能を抜群に高められるパーツを超厳選

コラム
この記事は約8分で読めます。

夏ごろになると増える相談のひとつが

「ゲーミングPCが最近うるさい」

です。

ゲーミングPCは熱を持ちやすいので、冷却させるためのファンがいろんなパーツについています。

夏になると外気温が上がるため、ゲーミングPCがいつもより冷やそうと頑張る。

その結果、排熱がうまくいかずパーツへの負担が上がり、「ゲーミングPCがうるさくなる」という現象になります。

なので、うるさいゲーミングPCを鎮めるには、とにかく冷やすこと。

冷やせば冷やすほどゲーミングPCの動作は安定し、故障のリスクも減らせます!

ゲーミングPCの冷却は、「ゲーミングPCがうるさくなった人」以外にも、「できるだけ長く使いたい」、「ゲームを安定してプレイしたい」という人にもおすすめなので、ぜひご覧ください。

ということで今回は、「ゲーミングPCの冷却性能を高めるパーツ」について紹介していきます。

 

ゲーミングPCの冷却性能を上げるパーツは

ゲーミングPCの冷却性能を高めるパーツですが、実はほとんどのパーツが対象になります。

それぞれのパーツにファンを追加したり、質の良い製品を使うことで冷却性能が上げられるのですが、今回はその中でも、特に効率よく冷却性能を高めることができるパーツを紹介します。

それは、

  • CPUファン
  • ケースファン
  • 電源ユニット

この3つです。

ゲーミングPCの冷却に不可欠なのは、「ケース内のエアフロー」です。

なので、ケース内エアフローの流れを追加する「CPUファン」と「ケースファン」を追加・変更するのが、ゲーミングPCの冷却性能を高める一番の近道になります。

また、電源はゲーミングPCの心臓です。

コンセントから流れてくる電気を、ゲーミングPCのパーツすべてに伝える役目の電源は、意外と熱を持ちやすい。

電源を交換すれば、全体的な冷却性能を高めつつ、故障のリスクを最小限にできます。

実際に、管理人の使ってるゲーミングPCは10年前に自作したものですが、電源は結構いいものを使ってます。今まで故障らしい故障もなく、もちろん今も元気です。

まずは電源を変更してから、各ファンを追加するのが一番良いのですが、コストや技術的な問題もあるので、手っ取りばやく冷却性能を高めたいなら、比較的取り付けやすい「ケースファン」から追加していくといいと思います。

ということで、各パーツのおすすめ製品を紹介していきます。

ゲーミングPCの熱対策!ケースファンとCPUファンを追加するならどっち?
ゲーミングPCを長く使っていくためには、熱対策を考える必要があります。パソコンは使っていると高温を発するため、これが原因になって熱に弱いパーツが壊れてしまう可能性があるためです。 熱対策には大きくCPUファンを取り付け...

 

ケースファン

ケースファンを選ぶ時の注意点は

  • ケースにファンを追加する空きがあること
  • ファンのサイズ
  • 電源が取れるか

この3つです。ケースによってはスペースに余裕がなかったり、追加できるファンが小さいこともありますので、サイズは絶対に確認しましょう。

追加する場所は空きにもよりますが、ケース上部が開いてるならそこでOKです。

あと、ケースファンには取り付けるためのねじが付いていないこともあります。

ケースファンを買うならねじも一緒に購入しておきましょう。

また、電源のコネクタを延長するケーブルもあったら便利だったりします。

 

Corsair MLシリーズ

”Corsair(コルセア)”が販売しているケースファン「MLシリーズ」。

サイズは120mmと140mm。どちらもよくある規格のサイズです。

回転数は2,400rpmと冷却性能抜群です。しかもノイズレベルは35dBと静か。

厚さ2.5cmと薄いので、どんなケースでもエアフローを邪魔せずに追加できます。

LED未搭載なので、光りません。

公式サイトで詳細を見る

Amazonの商品ページはこちら

 

Cooler Master SickleFlow

”Cooler Master”が販売しているケースファン「SickleFlow」。

サイズは120mmと140mmあり、LED未搭載モデルから搭載モデル(5色展開)まで幅広くあります。

こちらはノイズレベル27dBとCorsair MLシリーズより少し静かです。

1,800rpmと回転数も高いので、静音性を維持しつつ冷却性能を高められる良ファンです。

もちろん厚さ2.5cmと薄型。

公式サイトで詳細を見る

Amazonの商品ページはこちら

 

合わせて買いたい

 

CPUファン

CPUファンを追加するなら、

  • CPUの規格
  • CPUファンの高さ
  • 取り付け方法
  • ケース内での干渉

は確実に確かめてください。

CPUファンはCPUの規格によって取り付けられるかどうかが決まります。

大体のCPUファンはあらゆる規格に対応できる仕組みになっていますが、たまにつけられない物もあるのでお気を付けください。

また、CPUファンは高さがあります。

何も考えずに買うと、ケースからはみ出してしまいサイドパネルがハマらなくなります。※経験者です

なので、購入予定のCPUファンの高さを見て、「取り付けたときにケース内に収まるか」は絶対に確認してください。

あと、CPUファンを交換するならグリスも絶対に必要です。グリスがないと交換できない(取り付けても熱暴走で使えない)のでご注意ください。※経験者です

さいごに、取り付け方は必ず見てからやりましょう。適当にやるとピンが破損したり、最悪マザボが割れて取返しが付かなくなります。※経験者です

 

Cooler Master Hyper H412R

”Cooler Master”から販売されているCPUファン「Hyper H412R」。

ヒートパイプ(熱伝導率を高めるパイプ)が4本あり、デフォルトでついてるCPUファンと比べて排熱性能がレベチです。

全高136mmとめちゃくちゃコンパクトなのに、対応規格が半端なく多いです。

【対応規格】
Intel:LGA2066/2011-3/2011/1366/1156/1155/1151/1150/775
AMD:AM4/FM2+/FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2

グリスも付属しているので取り付けは安心ですね。欲を言えばダイヤモンドグリスを使ってほしいですが。

公式サイトで詳細を見る

Amazonの商品ページはこちら

 

SCYTHE 虎徹 Mark II

”SCYTHE”から販売されているCPUファン「虎徹 Mark II」。名前が好きです。

全高154mmと少し高めですが、その分ファンサイズが大きいので冷却性能は高め。

幅58mmと薄めなので、他パーツとの干渉が極力抑えられた製品です。

【対応規格】
Intel LGA 775 / 1150 / 1151 / 1155 / 1156 / 1200 / 1366 / 2011 / 2011(V3)
AMD Socket AM2+ / AM3+ / FM1 / FM2+ / AM4

ケースに余裕があるならおすすめの商品ですね。もちろんグリスもついてます。

公式サイトで詳細を見る

Amazonの商品ページはこちら

 

合わせて買いたい

 

電源ユニット

電源を選ぶ時の注意点は

  • 規格
  • 変換効率
  • W数

の3つです。

電源にも規格があります。

ミニタワー以上になるとATXと言われる規格がよく使われています。

だいたいはこのATXを選べばOKですが、念のため搭載できる電源の大きさは確認しておきましょう。

変換効率は、簡単に言うと電源の質です。詳しくは下記記事をご覧ください。

80PLUSのスタンダードとGOLDで変換効率や電気代が全然違う!安定性爆上げの為に知ってほしい電源ユニットの知識
ゲーミングPCを所有するならば、他の一般的なPCとは異なり電源性能には特に気をつけなければならないとされています。 なぜなら、高度なエフェクト効果を持つ高精細グラフィックを多様したゲームタイトルほど、グラフィックカードに高負荷がかかり...

そしてW数です。

ここは結構大事で、お使いのPCに搭載されてるパーツの使用電源量より少ないものを選んでしまうと、PCが起動しなくなる可能性もあります。

選ぶコツとしては、今の電源よりも多いW数の電源を選ぶこと。

電源容量に余裕があれば、それだけ長持ちもするのでおすすめです。

 

Corsair RM750-2019- 750W

”Corsair”が販売している電源ユニット「RM750-2019- 750W」です。

認証がGOLDで、1万円前半とコスパ良し。低負荷時にファンを停止させて騒音防止する機能の「Zero RPM Fan Mode」も魅力のひとつです。

しかも安心の10年保証。

フルモジュラー式の為、不要なケーブルは取り外せるので、ケース内がごちゃつかないのでエアフローを確保しやすいです。

公式サイトで詳細を見る

Amazonの商品ページはこちら

 

Silverstone SST-ET750-HG-Rev

”Silverstone”から販売されている電源ユニット「SST-ET750-HG-Rev」。

認証がGOLDで1万円を切るコスパ最強の商品です。保証は3年間。

セミモジュラータイプなので、若干の使いづらさはあるものの、取り外しできないのはほぼ主要のケーブルなので、さほど気にならない方は多いです。

公式サイトで詳細を見る

Amazonの商品ページはこちら

 

パーツ交換以外で冷却性能をあげるなら

今回は冷却性能を高めるパーツについて解説しましたが、「うるさいゲーミングPCを静かにする方法」はパーツ交換以外にもあります。

いくつか別の記事でも書いていますので、よろしければご覧ください。

 

ゲーミングPCの音がうるさい!原因になるパーツの調査方法と試してほしい騒音対策
ゲーミングPCを使っていると、ゴォーという音がうるさいなと感じる時がありませんか? 特に、高グラフィックのゲームをプレイしているときにゲーミングPCの騒音が気になってしまうのではないでしょうか。 ゲームに集中していれば気...
ゲーミングPCの音がうるさいときに変えておきたい5つの設定方法
最近ゲーミングPCを使ってゲームを楽しむ人は多いと思います。そのゲーム中にゲーミングPCの音がうるさいことに悩む方多いのではないでしょうか。 ゲームを楽しむ時間を快適にしたいそこのあなた。 お使いのゲーミングPCの設定を変えるこ...

 

タイトルとURLをコピーしました