PCでVRゲームを始める方法と快適に遊ぶための必要なスペック

応援よろしくお願いします!

2016年からVRゲームが注目されるようになり、今では大人気ゲームの一つとなっています。

すでにスマホやPS4でVRを簡単に体験できるようにもなっていて、今後もっと進化するとSAOのようなゲームを出来るようになるかもしれません。

コンテンツはまだまだ少ないですが、体験した人は次世代の遊びに夢中になっています。

そこで今回は、PCでできるVRゲームの始め方を解説していくことにしましょう。

ここで紹介しているVRゲームの始め方は、パソコンを使ってプレイすることを前提にしています。

そのため、必要となるパソコンのスペックもふれていきます。

パソコンでVRゲームをやりたいけど始め方が分からない、なにが必要なのかを知りたいという人は、ぜひ本記事を最後までチェックしてみてください。

そもそもVRってなに?

VRって聞いたことがあるけど分からない、という人がいるかもしれません。まずはVRのことを簡単に説明していきましょう。

VRとはバーチャルリアリティー(仮想現実)の略称で、似た言葉であるAR(拡張現実)とMR(複合現実)とは別のものです。

大きな特徴は「専用ゴーグル」「ヘッドホン」を使って、五感を仮想現実に没入させるものになります。

実際に体験してみれば凄さが分かりますが、ゴーグルを通してみる映像は高解像で表現されており、立体感を感じることができます。

そして左右に首を振れば映像も合わせて動き、体の傾きや揺れもバッチリ再現されています。

初めてVRをプレイしてみれば、アニメやゲームの世界に飛び込んだかのような感覚を味わえるでしょう。

今後も成長していくコンテンツですので、今すぐにでも体験できる環境を整えてほしいばかりです。

VRゲームをプレイするために必要なもの

VRを体験するためには、いくつかの必要な道具があります。

絶対に必要なのは「VRゴーグル」と「パソコン」の2つです。

VRゴーグルは各メーカーから商品が販売されていますが、今回はパソコンでVRゲームを楽しむことを前提にしていますので、PCに接続できることが前提となります。

そのため、PS VRやスマホ対応のVRゴーグルは除外となります。

これら製品を持っていても、パソコンでVRゲームをプレイする際には使うことができません。

そしてパソコンでVRゲームをするためには、相応のスペックを搭載したパソコン環境が必要です。

勘が良い人なら気づいているかもしれませんが、VRを動かすためには高いスペックが要求されます。

具体的にどのようなスペックが必要になるのか、まずはパソコン回りの準備について、下記から詳しく解説していくことにしましょう。

VRゲームで必要なスペックとは?

パソコンでVRゲームを遊ぶには、相応に高いスペックが要求されます。

しかし高いスペックといっても、具体的にどれほどの性能が求められているのが分かりません。

また低スペックパソコンでもVRを楽しめるのか、この点に疑問を持っている人もいるでしょう。

まずはVRゲームをパソコンでプレイするために、最低限必要な性能についてまとめていきます。

現在の環境に適しているかどうか、合わせて確認してみてください。

高性能なグラフィックボードは必須

パソコンでVRを動かすとき、グラフィックボードが大きく影響してきます。

各VRゴーグルで必要な環境が設定されていますが、問題なく仮想現実の世界を体験するためには、最低でもNVIDIAのGeForce GTX1060以上が望ましいとされています。

しかしGTX1060でも設定でフレームレートを下げるなどの調整が必要になる場合があるので、できればGTX1070以上の性能はほしいところです。GTX1070であれば高いfps数値を安定して出すことができますので、問題なくVRゲームを楽しめるはずです。

実際にVRレディと呼ばれる、VRをプレイできる市販パソコンはGTX1070を搭載して販売されています。

これらはVRゴーグルの動作条件を満たしていますので、安心して使うことができるでしょう。

またCPUに関しても、IntelのCore i5-4590以上がVRゴーグルの推奨スペックとされていますので、全体的に性能の高いパソコンが必要だと分かります。

必要スペックを満たさなくてもプレイできる?

必要スペックを満たしてないパソコンでは、VRゲームをまともにプレイできません。

まずVRゴーグルを使用するためのスペックを満たしていなければ、起動することすら難しいでしょう。

また、使えたとしても不具合が起きてしまうはずです。

またグラフィックボードに関しては、GTX1060以下の製品を使っていても問題なくプレイができるかもしれません。

しかしフレームレートが安定せず、画面酔いで健康に悪影響が出る可能性があります。

さらにいえば、せっかくVRという新体験をするのですから、十分な表現ができないままだと楽しむことができません。

そのため、必要最低限のスペックでVRゲームをプレイするのはおすすめできず、できる限りスペックを高めたパソコンを準備することがいいでしょう。

おすすめのVRゴーグルは?

VRゲームを遊ぶためのパソコンが準備できれば、あとはVRゴーグルを用意するだけ。

ところが、VRゴーグルにも様々な種類が販売されています。

ゲーム屋などに行けばPS VRのゴーグルを見つけることができますが、これはパソコンでは使用することができません。

そのため、パソコンで動かすことを前提にしたVRゴーグルが必要になります。

ここでは2つのVRゴーグルをおすすめします。見た目のデザインや価格などを参考にして、VRゴーグルを手に入れてみてください。

HTC VIVE PRO 99HANW009-00

【国内正規品】 HTC VIVE PRO 【Amazon.co.jp限定】オリジナルPC壁紙配信 付

「VIVE PRO」はHTCが販売しているヘッドマウントディスプレイで、ハイエンドVRゴーグルの位置づけで扱われています。

2880×1440pxの解像度を持つ有機ELディスプレイだけでなく、ハイレゾに対応したヘッドホンを搭載。

さらに正確な位置情報を特定する機能もあるため、現実と仮想の区別をつけられないほどの映像体験ができるでしょう。

見た目のデザインも、まさにVRゴーグルといったものに。

デバイス自体にも重さがありますが、全体的に均等配分されているため、首への負担も少ないという特徴があります。

マウスコンピューター G-Tune Steam GTCVRBK1

mouse G-Tune Steam VR対応 VRヘッドマウントディスプレイ GTCVRBK1

マウスコンピューターといえば、ゲーミングPCやクリエイターPCを販売している実績があるメーカーで、名前を聞いたことがある人も多いと思います。

「G-Tune Steam GTCVRBK1」は、そんなマウスコンピューターから販売されているVRゴーグルで、2Kディスプレイの高解像度ディスプレイを採用し、60fpsを安定して出せる滑らかな映像が魅力です。

好みに合わせて調節可能なヘッドバンドが付いているため、快適にVRを楽しむことができます。

ごちゃごちゃしがちなケーブル類を固定するためのバンドも付いていますので、煩わしさも少ないのが嬉しいところです。

なによりも安心できるのは、マウスコンピューターでは24時間365日のサポート受付をおこなっていること。不具合や困ったときがあれば、電話で問い合わせることができるのも、初心者の人にとって喜ばしいポイントになるはずです。

まとめ

パソコンでVRの始め方、必要となるスペックなどをまとめました。

VRはまだまだ新しいコンテンツで、プレイできるゲームの種類も少ないですが、これからドンドン増えていくことは間違いありません。

現にSTEAMやPS4でもVRゲームの取り扱いがどんどん増えていってます。

必要となる環境やスペックは高いものが要求されますが、それらをクリアすれば、今までとはひと味もふた味も違う楽しみを体験することができます。

今までVRが気になっていたという人は、ぜひ遊べるように準備を進めてください。

そしてVRの世界に没入し、既存のゲームでは味わえない楽しさを味わい尽くしましょう。

スポンサードリンク

応援よろしくお願いします!

フォローする

スポンサードリンク