スポンサーリンク

買ってはいけないゲーミングPCとは?初心者が注意したい3つのこと

コラム
この記事は約7分で読めます。

 

ゲーミングPCは低価格のものからハイスペックな製品まで数多くあります。

その中から1台を選ぶのは、初心者にとってはハードルが高いと思います。

 

そしてゲーミングPCは高い買い物になりますので、できるだけ安く購入したいという気持ちが働きがちです。

しかし、これは後に大きな失敗につながる場合があるため、はじめてのゲーミングPCを選ぶのであれば特に気を付けてほしいところです。

 

なので今回は初心者の人に向けて、買ってはいけないゲーミングPCの特徴を紹介していきます。

どんなゲーミングPCが手を出してはいけないものなのか、また選ぶべきゲーミングPCについて解説していきますので、購入を考えている方はぜひ最後までチェックしてみてください。

 

買ってはいけないゲーミングPCの特徴とは?

 

10万円を切るものから30万円以上する製品など、ゲーミングPCの値段は性能で大きく変わってきます。

初心者にとって、ゲームができれば良いという理由で安価なゲーミングPCに手出しがちですが、これは大きな間違いです。

 

ゲーミングPCを購入する場合、まず目先のことを考えるのは厳禁です。

必ず先々のことを見据えて、最適な1台を手にしてほしいと思います。

 

それでは買ってはいけないゲーミングPCとはどんなものなのか、まずは、はじめてのゲーミングPCに選んではいけない3つの特徴を持つゲーミングPCを紹介しましょう。

 

ノート型は選ぶな

パソコンにはデスクトップ型とノート型の2種類がありますが、ゲーミングPCも同様に2種類のタイプが存在しています。

主流なのはデスクトップ型で、近年ではノート型ゲーミングPCも多く販売されるようになり、注目を集めるようになったのは間違いありません。

 

しかしノート型は持ち運びができるという最大の特徴を持つと同時に、古くなるとグラボ交換が難しくなります。

また、排熱性能にも難点があり、長時間プレイしていると本体が熱を持ちやすいので故障の確率が高くなります。

故障した際の修理費も高額になります。

 

とはいえ、ノート型ゲーミングPCも年々スペックアップしてきています。

抱えている問題を解消してきているのはたしかですが、それでもデスクトップ型に大きく劣っていると感じずにはいられません。

 

出張先や旅行先でゲームを楽しみたいという場合は別にして、初めてゲーミングPCを購入するならば、デスクトップ型のゲーミングPCがおすすめです。

 

スリムタワータイプは選ぶな

デスクトップ型ゲーミングPCが最初の1台におすすめですが、それでも膨大な種類の製品が販売されています。

その中から最適な1台を見つけるのは難しいでしょう。

 

ある程度の候補を絞るため、初心者にはスリムタワータイプのゲーミングPCは選んではいけないとお伝えします。

スリムタワータイプは、コンパクトなサイズのパソコンです。

 

なぜスリムタワータイプを選んではいけないのか。それは拡張性や排熱性、電源の弱さなどが大きな問題となっているためです。

拡張性が低いと、将来的にグラフィックボードを交換するときに、現状よりも大きなサイズのグラフィックボードと交換することができません。

これは電源ユニットにも同じことが言えます。

 

また、スリムタワータイプは小さいケースに様々なパーツが詰め込まれているため、本体内部にこもる熱をうまく排出することが難しくなっています。

排熱性能が低いと、やはり故障の原因になってしまいます。

 

文章作成や画像編集などの用途であれば、コンパクトなスリムタワータイプはおすすめです。

しかしゲーミングPCとなればスリムタワータイプはおすすめではありませんので、避けるようにしましょう。

 

GeForce以外は選ぶな

グラフィックボードには「GeForce」と「RADEON」の2種類がありますが、絶対的に「GeForce」のグラフィックボードがおすすめです。

「RADEON」のグラフィックボードでもゲームがプレイできないわけではありません。

しかし用途が制作現場向けとなりますので、ゲーム目的であればGeForce一択となります。

 

そもそもゲーム会社はGeForceのグラフィックボードを使用すること前提に開発を進めています。

加えてGeForceのグラフィックボードは幅広いラインナップで、低価格でも高性能を発揮できる製品が多くあるのもメリットです。

 

幅広い選択肢があること、なによりGeForceのグラフィックボードはゲーム用途となっています。

迷わずにGeForceのグラフィックボードが搭載されたゲーミングPCを購入してください。

 

予算に合わせたゲーミングPCの選び方

 

ゲーミングPCを購入するにあたって、大きな問題になるのが予算ではないでしょうか。

10~30万円など、性能が大きく異なるモデルが数多く販売されており、どれも同じに見えてくるかもしれません。

そして初心者は、できるだけ安く抑えたいという気持ちが強いはずです。

 

しかし安いゲーミングPCは、それだけ大きな罠が潜んでいることを覚えておいてください。

具体的にはどのようなデメリットがあるのか、詳しく説明していきましょう。

 

安値のゲーミングPCは選ぶな

ゲーミングPCは最低でも10万円前後の価格で販売されています。

しかしセールと合わせて、6~8万円台で販売されている場合がありますが、このような激安のゲーミングPCは避けた方が無難といえるでしょう。

 

大きな理由として、セール品などで販売される安値のゲーミングPCは、スペック面でかなり劣るという欠点があります。

例えばメモリ4GB搭載やCPUがCore i3など、昨今のゲームで求められる推奨スペックとほど遠いのが否めません。

 

またセール品でなくとも、安値で販売されているゲーミングPCは、同様にスペック面に難があります。

最初から十分な性能を持つ製品を購入した方が、後の交換費用をかけずに済むため、納得できるスペックを持つゲーミングPCを購入しましょう。

 

10万円前後のゲーミングPCは選ぶな

最初から十分なスペックを持つゲーミングPCを持てば、その先2~3年ほどは現役で使っていくことができます。

そのため、10万円前後で販売されているは避けておくべきといえるでしょう。

 

10万円前後で販売されているゲーミングPCは、CPUやメモリ面で十分な性能を持っていたとしても、グラフィックボードの性能が低くなります。

ゲームをするならばグラフィックボードは必須ですので、ここが重点をおくべきところです。

 

結論としては、最低でも予算は15万円前後を用意しておいて、CPU・メモリ・グラフィックボードの性能がバランスの良いゲーミングPCを選びましょう。

キーボードやマウスなど周辺機器も含めれば20万円ほど必要になります。

しかしお金をかけるほど、末永く使えるゲーミングPCを手に入れることができるはず。

 

高価な買い物だからこそ、初期投資には十分な予算を投入することをおすすめします。

 

まとめ

買ってはいけないゲーミングPCについて解説してきましたが、初心者の人は後悔や失敗しない買い物をするためにも、予算を多く確保しておくことをおすすめします。

 

最低でも15万円ほどは用意しておき、グラフィックボードだけでなくCPUやメモリ性能にも注目して、長く使えるゲーミングPCを手に入れてください。間違ってもノート型だけは購入しないようにしましょう。

 

デスクトップ型ゲーミングPCであれば、後にカスタマイズを加えることで、さらに長く使うことも可能です。愛着を持って使っていくためにも、最初の1台を妥協せずに購入してください。

タイトルとURLをコピーしました