ゲーミングPCvsPS4はどちらが勝つ?スペックやゲームの快適さなどをガッツリ比較

コラム
コラム
この記事は約9分で読めます。

FPSやマインクラフトといったゲームは、ゲーミングPCでするのが当たり前でした。

しかし、現在ではPCで人気のゲームもPS4で遊ぶことができ、高いゲーミングPCを買う必要が無くなっています。

ところが、それでもゲーミングPCを買って人気ゲームを遊ぶ人が増えています。ゲーミングPCの方が高画質で楽しめるというのが、大きな理由になりますね。

そこで気になるのが「ゲーミングPCとPS4の間にはどれくらいのスペック差があるのか」。

今回はPS4・PS4 Pro・ゲーミングPCそれぞれのスペックを比較してみて、どれがおすすめなのかを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

PS4のスペックは?

まずはPS4のスペックを見ていきましょう。

・CPU=8-core x86-64 AMD Jaguar
・GPU=Radeon HD 7870(カスタム)
・RAM=8GB

およそこうなっています。

 

PS4の価格が約4万円。

実際にPS4でゲームを遊んでみると、きれいな映像で楽しむことができますよね。

ほとんどのゲームを快適にプレイできるんじゃないかな。

 

また、各パーツのグレードを見てみると、価格に対してなかなか高スペックであることが分かります。

しかし実際には、CPUとGPUはソニーが独自カスタムしているようで、正確な性能を図ることができません。

そこで、ゲーミングPCに置き換えたときの性能を見ていくことにします。

 

ゲーミングPCに置き換えると?

PS4のスペックをゲーミングPCに置き換えてみると、以下のようになります。

・CPU=Intel Core i5-2500K
・GPU=GTX660 Ti

こんな感じになるはずです。

この性能ですと、ゲームを快適に遊ぶためには、GPUの部分がすこし弱いんですよね。

GTX660 Tiは2012年に販売が開始されたグラフィックボードです。そのため現在のゲーミングPCの性能を考えても、かなり劣っていることになります。

 

PS4はきれいな映像でゲームを遊べるとはいっても、どうしてもスペックを上げることができません。カスタマイズしにくいという点でも、やはりゲーミングPCの方が優れています。

 

PS4 Proのスペックは?

次にPS4の上位版であるPS4 Proの性能を見ていきましょう。

・CPU=x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores
・GPU=4.20 TFLOPS, AMD Radeon based graphics engine
・RAM=8GB

PS4とCPUとRAMは同じものになりますが、GPUに関してはPS4よりも性能が高いものが採用されています。

映像もPS4より高精細になるため、よりきれいな映像で楽しめますね。

 

こちらも、比較しやすいようにゲーミングPCのスペックに置き換えてみましょう。

 

ゲーミングPCに置き換えると?

PS4 ProのGPU性能をゲーミングPCに置き換えると、

・CPU=Intel Core i5-2500K
・GPU=GTX1050 Ti以上

CPUは同じですが、グラフィックボードはGTX1050 Ti以上の性能になるはずです。これはPS4よりも高性能になります。

 

確かに高性能ではありますが、それでもゲーミングPCと戦うには少し性能が弱いですね。

ゲーミングPCの中だと、だいたいロースペック程度の性能です。

 

ロースペックのゲーミングPCが10万円前後なので、コスパは最高ですけどね。

それでは、次に一般的なゲーミングPCとハイスペックゲーミングPCの2つを取り上げていきます。

 

PS4と同性能のゲーミングPCのスペックや価格は?

ゲーミングPCは種類がおおく、PS4よりも性能が低いものも販売されています。

なので、比較対象をどれにするかでスペック勝負が変わるのですが、まずは初心者用として販売されている入門用モデルを例にだしておきますね。

メーカー:マウスコンピューター
モデル名:G-Tune PL-B-1050Ti
価格:10万円前後
CPU: Core™ i5-10400
グラフィックス:GeForce GTX 1050Ti
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB

商品詳細はこちら

PS4がGTX660 Ti相当、PS4 ProがGTX1050 Ti相当のですが、こちらのゲーミングPCだとPS4よりは性能が高く、PS4 Proとは同等か少し高めになります。

ポイントはCPUですね。

PS4 Proで採用されているCPUよりも、1.5倍ほど性能が高いです。

また、ゲーミングPCの場合、スペックが物足りなくなった時にスペックアップが簡単なのも忘れてはいけません。

PS4でのスペックアップはストレージ容量を増やすくらいしかできませんが、PCだとほぼ全部交換可能です。

つまり、今よりもっと綺麗な映像でゲームを遊びたいのであれば、グラフィックボードを交換するだけで、高画質でゲームを楽しめます。

 

性能を大きく突き放すならいくらくらい?

「せっかくゲーミングPCを買うなら、コンシューマ機よりも性能を大幅に上げたい!」

そんな方におすすめなハイスペックモデルを紹介します。

メーカー:PCショップ SEVEN
モデル名:ZEFT Gaming PC
価格:20万円台後半
CPU: Core™i7-11700K
グラフィックス:GeForce RTX3070 Ti
メモリ:16GB
ストレージ:SSD 500GB

価格は少し上がりますが、性能面は完璧です。こちらのモデルであれば、PS4と比べて3倍近く性能差がでます。

さらに、冷却性能も非常に高いモデルなので、PS4特有の発熱や異音ともおさらば。

ケースもスタイリッシュでゲーミイングPCらしさがあっていいですよね。

 

スペック差を見るならベンチマーク

パーツ単位で高性能かどうかを知るには、ゲーミングPCが分からない初心者にとって難しい話になるかもしれません。

そこで具体的にそれぞれのスペックを知るために、ベンチマークスコアを見てみることにします。

 

ベンチマークスコアは、パーツの性能や能力を数値化したもので、高いほど高性能であることを表します。一目で分かるようになりますので、ぜひそれぞれのベンチマークスコアをチェックしてみてください。

 

PS4とゲーミングPCのベンチマークスコア

PS4のベンチマークスコアですが、同等性能のゲーミングPCだと、5000ほど。

ちなみにさきほどのハイスペックゲーミングPC「ZEFT Gaming PC」だと、ベンチマークスコアは12,000を超えます。

約3倍の性能差があることが分かりました。

 

PS4はコスパがいいですが、カスタマイズ性がゲーミングPCに劣るので、次世代機がでたら買い替えをしないといけませんよね。ソフトも互換性がなければ使えないかもですし。

その点ゲーミングPCだと、劣化したパーツの交換だけでスペックアップを図れますし、一度買ったソフトはほぼ永遠に遊べます。

ただ、価格面に関してはPS4の方が圧倒的に有利です。

PS4が約4万円であるのに対して、ゲーミングPCは最低でも約10万円が必要になりますから、言うまでもありません。

 

結論としては、コストパフォーマンスに優れているのはPS4、高品質なのはゲーミングPCということになります。

しかしゲーミングPCが優れている点は他にもありますので、その内容を紹介していきます。

 

ゲーミングPCが優れている理由

コストパフォーマンスの面で優れているPS4ですが、それでもゲーミングPCには総合的な面で敵いません。その理由が、これから紹介する3つの理由です。

 

例えばFPSゲームを遊ぶ人なら、PS4で遊ぶことをおすすめしません。

そしてマインクラフトについても同様で、より高度な楽しみ方をしたいなら、ゲーミングPCで楽しむのが一番でしょう。

 

なぜゲーミングPCが圧倒的に優れているのか?を解説していきます。

 

ゲーミングPCは画質向上に上限がない

PS4のグラフィック性能は説明していますが、すでに性能に限界がきていることと、画質を上げようとしてもできないのが、ゲーミングPCよりも劣っている理由です。

 

ゲーミングPCの場合、もっときれいな映像でゲームを遊びたいと思えば、グラフィックボードを交換することで実現することができます。

 

グラフィックボードの性能は、値段が高くなるほど比例していきます。毎年最新のグラフィックボードが登場していますので、ある意味では上限がないと言えるでしょう。

 

フレームレートでも有利に

FPSゲームを遊ぶ人なら意識してほしいのが、FPS値になります。FPSとはフレームレートとも言われており、1秒間に何コマの画を映し出すかという数字になります。

 

PS4のFPS値は30で固定されていますが、ゲーミングPCに関しては30以上を出すことができ、60FPS、もっといえば120FPS以上を出すことも難しくありません。

 

すなわち、ゲーミングPCの方がより滑らかな映像になり、PS4ではカクカクとした映像になりがちです。

 

FPS値はグラフィックボードの性能で大きく変わってきますので、性能を上げることができるゲーミングPCの方が優れている理由になります。

 

MODなど多彩な遊びが楽しめる

ゲーミングPCならではの遊びが、MOD導入になります。

マインクラフトのように、MODを導入することで多彩な遊びができるようになります。他にも、影MODを導入すればリアリティが増しますし、キャラクターの姿を他の作品のものに置き換えることもできます。

 

YouTubeではマインクラフトのMODを使って、多彩な遊びを配信している実況者がいますが、これらは全てゲーミングPCでされています。

 

PS4ではMODを導入することができませんので、同じゲームをいつまでも遊べるという点では、ゲーミングPCならではの魅力と言えるでしょう。

 

PS4とゲーミングPCだとどっちがおすすめ?

PS4はコスパが高いので魅力的ではありますが、ゲーミングPCはスペックの他に、遊べるゲームの幅が広いという部分が特徴として強くあります。

なので、ゲームをするならばゲーミングPCを購入していただきたいところです。

 

今回ピックアップしたモデルは、どんなPCゲームでもある程度は遊ぶことができるスペックなので、一度プレイしてみたいPCゲームを探してみてはいかがでしょうか。

遊びたいゲームがあれば、ゲーミングPCならどこまで快適にできるかを見てみてください。

きっとゲーミングPCが欲しくなるはずですよ。

 

まとめ

ゲーミングPCとPS4のスペック差を紹介しました。

どの性能面を見ても、圧倒的に優れているのはゲーミングPCになります。より綺麗な映像でゲームを遊びたい、MODを導入して違った楽しみ方をしたいという人は、ゲーミングPCを買わなければなりません。

 

特に動きの速いFPSゲームになれば、PS4でプレイしても不利になるだけです。プロゲーマーと呼ばれる人たちは、いずれもゲーミングPCを使って練習していますので、同じ土俵に立つならゲーミングPCしかありません。

 

しかしゲーミングPCが高いのは事実です。約4万円で買えるPS4ですが、ゲーミングPCは最低でも10万円以上が必要になります。ハイスペックゲーミングPCにもなれば、20万円以上が必要です。

 

ただゲームを本気でプレイしたいと考えているのであれば、迷うことなくゲーミングPCを買うべきです。それが上手くなる秘訣であり、上達への近道となるはずです。

タイトルとURLをコピーしました