スポンサーリンク

大切なゲーミングPCの熱対策!排熱のためのケースファンはどこに追加すればいい?

コラム
この記事は約8分で読めます。


ゲーミングPCを長く使っていくのであれば、日々のメンテナンスや事前の対策が必要になります。しかし大切に使っていたとしても、パーツの不具合は個体差がありますので、突然壊れてしまうことも珍しくありません。

 

しかし故障に備えてあらゆる対策を取っておけば、故障のリスクを回避することができます。対策の方法はいくつかありますが、今回はゲーミングPCの天敵である「熱」に関する予防法を紹介していきましょう。

 

熱を逃がす排熱ファンについて、どこに追加すればいいのか、どうやって設置すればいいのかを解説します。ぜひ最後までチェックしてもらい、ゲーミングPCを熱から守ってあげてください。

 

ゲーミングPCの熱対策が必要な理由

 

まずはゲーミングPCを大切に使うにあたって、なぜ熱の対策をしなければならないのかを解説していきます。

 

パソコンは使用しているだけで凄まじい熱を発するもので、特にCPUやビデオカードはケース本体の温度を大きく上昇させる原因です。

 

長時間使用すればゲーミングPCに悪影響となりますので、その内容について詳しく知ってほしいと思います。

 

パーツ故障の原因になる

ゲーミングPCを構成しているパーツは、いずれも熱に弱いものです。

 

CPU自体が80~90℃という高温を発しますが、さらに温度が上昇していくと、故障してしまってゲーミングPCが起動しなくなる可能性があります。

 

またHDDを搭載しているゲーミングPCは、ケース内部の温度が高くなっていくほど壊れる可能性が高くなっていきますので、大切なデータを取り出せなくなる可能性も。

 

他にもビデオカードやメモリなど、いずれも熱によって故障することがありますので、ゲーミングPCにとって「熱」は大変危険な相手と言えるでしょう。

 

本来の性能を発揮できない

ゲーミングPCを使い続けると、本体温度が上昇してしまいます。その影響を大きく受けるのが、ビデオカードになります。

 

高性能なビデオカードもまた大きな熱を発するパーツの1つですが、同時に熱に弱いパーツでもあります。故障のリスクだけでなく、ビデオカード自体が冷やされなければ、本来の性能が発揮できなくなることもあるのです。

 

それまでラグが発生しなかった映像が、ゲーミングPCを起動し続けることで発生するようになるだけでなく、映像に乱れが出てくることもあります。

 

ゲームの映像に大きく関わっているパーツですので、本来の性能を発揮してくれなければ、プレイングにも影響してくるでしょう。

 

だからこそ、ゲーミングPCには熱対策が必要になってくるのです。

 

ケースファンはどこに追加する?

 

ゲーミングPCの熱対策はいくつかありますが、一番簡単な対策方法として、排熱ファンを設置するという方法があります。

 

排熱ファンはその名の通り、ケース内部にこもっている熱を外部に放出するためのファンで、熱対策が必要な理由を知れば重要度も分かるでしょう。

 

しかし排熱ファンは、ただケースに取り付ければよいというわけではありません。設置する場所が決まっていますので、まずはケースのどこに設置すればいいのかを解説します。

 

ケース背面は?

排熱ファンは一般的にケース背面に設置するファンを指します。ケース内部にこもっている熱を外部に排出することを目的にしており、各パーツの温度の上昇を抑えてくれます。

 

ただしパーツの温度上昇を食い止めるだけで、冷やすことはできません。そのため、排熱だけではなく、吸気による冷却もあってこそ、排熱の効果が高まると言えるでしょう。

 

また、吸気だけでは本体を冷やすこともできません。冷たい空気を取り込んでも、本体の熱温度で取り込んだ空気が熱されるため、やはり排熱の必要が出てきます。

 

ケース背面に手をかざしてみれば、暖かい空気がでていくことを感じることができます。しっかりと空気が出ていくかを確認して、風が確認できなければ、使っているゲーミングPCが危うい状態にあると言えるでしょう。

 

ケース上部は?

排熱ファンはケース背面だけでなく、ケース上部にも設置することができます。

 

背面の排熱ファン同様の働きをしていますので、ケース上部にも取り付けることによって排熱の効果を高めることが可能に。ゲーミングPCの熱対策に大きく貢献してくれます。

 

普通に使っていれば背面の排熱ファンだけで十分ですが、ゲーミングPCのようにビデオカードによる熱も悪影響になることから、上部にも排熱ファンを設置するといいでしょう。

 

ケース下部・前面は?

排熱ファンだけでなく、外部から空気を取り込むための吸気ファンも取り付けなければ、ゲーミングPCの熱対策は完了しません。

 

吸気ファンはケース前面と下部に取り付けるもので、ケース内部に冷たい空気を取り込んで、各パーツの温度を下げる役割を担ってくれます。

 

また前面は吸気ファンを1つだけではなく、複数設置することができます。ファンはあればあるほど多くの空気を取り込むことができますので、冷却効果を高めることも可能です。

 

排熱ファンの設置方法

排熱ファン・吸気ファンという2つのファンを説明してきましたが、別々の製品として販売されているわけではなく、2つともケースファンとして販売されています。

 

排熱と吸気の区別がされている理由は、ファンを設置する向きで役割が変わってくるため。そのため、ケース前面に吸気方法でファンを取り付けると、ケース内部の空気を輩出することができませんので注意してほしいところです。

 

向きに気を付けて正しくファンを取り付けた後は、各ファンから伸びているケーブルをマザーボードの「FAN」というコネクタに接続します。ファンも電源から供給された電力を使用して作動しますので、必ず接続しておきましょう。

 

マザーボードによってFANの場所や数が異なりますので、あらかじめどこに配置されているのかを確認する必要があります。また、マザーボードの種類によって、ファンを設置できる数が変わりますので注意が必要です。

 

排熱ファン以外の熱対策は?

排熱ファンを設置するだけでは、高い熱対策の効果を十分に得られません。他にも気を付けるべきことがあり、さらに他の熱対策を取ることによって、ゲーミングPCを長く使い続けることができます。

 

そこで排熱ファンの設置以外にも、簡単に作業ができる熱対策を紹介します。少しの作業で済むものばかりですので、ぜひ実践してみてください。

 

ケース内部のエアフローを考える

ゲーミングPCのケースの大きさにもよりますが、本体内部はパーツだけでなく、ケーブル類もごちゃごちゃとしていますので、空気の流れが思っている以上に悪くなっています。

 

空気の通り道を確保すれば、吸気された空気が熱温度を冷やしていき、こもっている空気を排気するという循環ができます。この空気の流れ(エアフロー)が熱対策に非常に大事です。

 

ビデオカードやCPUファンなどサイズの大きいパーツがあると、エアフローが悪くなります。

が、それ以上にケーブルがエアフローの邪魔をしますので、しっかりとケーブル類を束ねることが必要です。

 

ケーブルをケース背面に回してから配線をする、綺麗にまとめて束ねておくなど、ケース内部の見た目が美しくなるようにするだけで、簡単にエアフローを確保することができますので、必ずやっておきましょう。

 

パーツ内部の清掃をする

ケース内部は思っている以上に汚くなっています。ケースファンやCPUファンなどのパーツをよく見ると、埃が付着していることに気づくはずです。

 

埃がケース内部に溜まっていると、冷却効果をうまく得ることができません。そのため、埃を除去することも熱対策として有効な手段となります。

 

エアダスターなどを使用して、各パーツに付着している埃を取り除くという簡単な作業なのもおすすめのポイント。数か月に1度の頻度でケース内部をチェックし、埃をこまめに除去するようにしましょう。

 

ゲーミングPC使用時は部屋を冷やす

冬場は特に問題ありませんが、夏場はゲーミングPCにとって性能がうまく出せない時期になります。気温が高くなれば室温も高くなりますので、必然的にゲーミングPCの本体温度も高くなりがちです。

 

そのためゲーミングPCを使用する時は、できるだけ部屋の温度を下げた状態が理想的。エアコンの冷房を使えば、ゲーミングPC本体の温度を抑えることもできます。

 

電気代が気になってしまうかもしれませんが、ゲーミングPCの寿命を考えると高くはありません。夏場では日中の使用を控えるなど、工夫をするといいでしょう。

 

まとめ

ゲーミングPCの天敵である「熱」は、排熱ファンと吸気ファンを取り付けることで、内部から外部へと輩出することができます。しかしそれ以外にも、ケース内部の埃を除去や室温を下げて使用するなど、様々な工夫があります。

 

いずれも共通しているのが、手軽に済ませることができるということ。埃を除去するついでに、新しくケースファンを設置するのも良いでしょう。

 

熱対策をしっかりすることで、ゲーミングPCを長く使い続けることができます。排熱ファンをケース背面・上部に設置して、使用しているゲーミングPCを大切に扱ってあげましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました