予算12万円で購入できるゲーミングPCのおすすめモデルをピックアップ!

このページでは予算12万円で購入できるゲーミングPCを紹介しています。

性能的にはほぼ変わりないのでデザインで選ぶのもアリですよ。

ですが、『12万円で買えるゲーミングPCはどんなものか』は知っておきましょう。

購入するにしても、自分が本当に欲しいゲーミングPCかをしっかりとわかっておいた方がいいですからね。

 

スポンサーリンク

予算12万円のゲーミングPCは何ができる?

ゲーミングPCの用途はパソコンでゲームをすることにありますが、それ以外の用途にも使用することができます。

ゲーミングPCを買ってゲームをプレイするだけではもったいないですから、どんなことに使えるのか、事前に押さえておきましょうね。

 

ほとんどのゲームを快適にプレイ可能

12万円ほどのゲーミングPCでも、だいたいのゲームは快適にプレイできます。

PUBGやAPEXといったFPS系ゲームはCS機よりも綺麗な画質で楽しめるため、ゲームがより楽しくなるくことは間違いありません。

しかし、さすがに最高画質でのプレイは難しく、あくまで通常の設定で快適に楽しめるという話になります。

もちろんマインクラフトなどのゲームも快適に遊べるため、予算12万円のゲーミングPCが1台あれば、しばらくはゲームを楽しめるでしょう。

 

ゲーム実況にも対応?

ゲーミングPCでゲームをしていると、ゲーム実況動画を作ってみたいと考える人が多いです。

予算12万円のゲーミングPCであっても、ゲーム画面をキャプチャーしながらプレイできます。

ですが、生配信を同時にしようと考えると、負荷が大きすぎて少し動作が重くなるかもしれません。

対応しているかどうかでいうと対応しているのでしょうが、性能不足の影響は要所要所に出るはずです。

それが嫌ならミドルスペック以上のゲーミングPCを買うしかない。

といっても、最初は低価格ゲーミングPCを購入して、「処理不足が目立つようならCPUをグレードアップする」というのもアリです。

すこし値段はしますが、”あとからグレードアップ”ができるのがゲーミングPCの強みですからね。

 

VRゲームはグラフィックボードの性能次第

普通のゲームを楽しむだけなら問題ありませんが、VRゲームをプレイしようと考えた場合、少し難しいかもです。

VRゲームを遊ぶためには高性能なグラフィックボードが必要です。

しかし予算12万円ギリギリのゲーミングPCに搭載されているグラフィックボードの性能は、VRゲームができるスペックにないはずです。できたとしても快適に遊べないかも。

もしVRゲームをとことん楽しみたいと考えている人は、もう少し予算を上げて20万円前後のゲーミングPCを購入することをおすすめします。

 

10万円以下のゲーミングPCをおすすめできない理由

初めてゲーミングPCを買おうとする人は、価格の高さに驚くでしょう。そして実際に買う場面になれば、できるだけ安いゲーミングPCを求めるようになるはずです。

10万円以下で販売されているゲーミングPCはいくつか見られますが、スペック面を見ると、あまりおすすめできない使用になっています。

具体的にどのあたりが不十分なのか、その内容について触れていきましょう。

 

ストレージ容量が不足しがち

10万円以下のゲーミングPCは、とにかくストレージ容量が不足しがちです。

250GB SSDが搭載されているだけのゲーミングPCが販売されており、これだけではOSやゲームデータをインストールしただけで圧迫されかねません。

同様に500GB SSDを搭載するゲーミングPCも見かけますが、同様におすすめできません。

ゲーミングPCとしてしっかりと使っていきたいのであれば、やはりSSDとHDD合わせて1TB以上はほしいところ。

予算12万円を超えてくるとSSD+HDDの組み合わせで構成されていることが多いため、ストレージ不足で悩むことはないと思います。

 

メモリ容量が抑えられている

10万円以下のゲーミングPCは、メモリ容量も不足しがちです。

メモリ容量が少ないと、複数のソフトウェアやアプリを起動している状態を維持できず、ゲームをしている最中にソフトが落ちてしまうという症状に悩まされます。

もしゲーム実況動画を収録しようとするなら、最低でも8GB以上はほしいところ。

16GB以上あれば快適に収録や生配信ができるようになりますよ。

 

グラフィックボードの性能が低い

10万円以下のゲーミングPCがおすすめできない最大の理由は、グラフィックボードの性能が低いという点です。

予算12万円を超えてくると、いずれもゲームを快適にプレイできるだけの性能を持っているため、どのゲーミングPCを購入しても問題ないと言えるほど。

しかし10万円以下のゲーミングPCは古いグラフィックボードが搭載されているため、これから最新のゲームをプレイしようと考えた時には、性能に難があると言わざるを得ません。

快適にプレイできなければ楽しさを味わうこともできませんので、できるだけ信頼できる性能を持ったグラフィックボードを搭載するゲーミングPCを選ぶことを推奨します。

 

パソコンショップSEVEN

SR-ii5-7430D/S3/GF/W10

製品名:SR-ii5-7430D/S3/GF/W10
CPU:Core i5-10500
グラフィックス:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:8GB
ストレージ:240GB SSD
電源:600W BRONZE
価格:99,800~(税別)
12万円以下で買えるコスパに優れたゲーミングPCです。性能バランスが良く、ある程度のゲームがある程度動く万能型。快適さを求めるならもうワンランク上の製品がいいですが、ある程度でいいならちょうど良い製品ですね。初めてのゲーミングPCとしてはすごくおすすめですよ!


ZEFT R5-DST

製品名:ZEFT R5-DST
CPU:Ryzen 5 3500
グラフィックス:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:8GB
ストレージ:500GB SSD
電源:600W BRONZE
価格:95,800~(税別)
低予算で購入できる初心者向けゲーミングPCです。あまりゲームに熱中しない人にはおすすめのモデル。


 

パソコン工房

LEVEL-M0B4-R535-RVS

製品名:LEVEL-M0B4-R535-RVS
CPU:Ryzen 5 3500
グラフィックス:GeForce GTX 1650 SUPER
メモリ:8GB
ストレージ:480GB SSD
電源:500W BRONZE
価格:72,980~(税別)
低価格ゲーミングPC。性能は、高くないがかといって低すぎるわけでもない、初めてゲーミングPCにはピッタリなモデルです。低価格なゲーミングPCを探しているならこの辺の性能から手を出してみてはいかがでしょうか。


LEVEL-M046-iX7-RJSX

製品名:LEVEL-M046-iX7-RJSX
CPU:Core i7-10700
グラフィックス:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:8GB
ストレージ:500GB SSD
電源:500W BRONZE
価格:109,980~(税別)
パソコン工房の中でもダントツにコスパに優れたモデル。CPUにi7を搭載しているので、あとから上位のグラボに交換しても問題なく性能を発揮できるでしょう。ただ、その場合電源ユニットも交換が必要になるので注意。


 

マウスコンピューター

PM-A

製品名:PM-A
CPU:Ryzen 5 3500
グラフィックス:GeForce GTX 1650 SUPER
メモリ:8GB
ストレージ:256GB SSD/1TB HDD
電源:500W BRONZE
価格:79,800~(税別)
G-Tuneで10万円以内のゲーミングPCならこのモデルがおすすめ。性能が高いとは言えないが、金額と性能バランス的に◎。初心者用の入門モデルとしては優秀。


 

STORM

PG-TU

製品名:PG-TU
CPU:Ryzen 5 3500
グラフィックス:GeForce GTX 1660
メモリ:16GB
ストレージ:250GB SSD
電源:750W GOLD
価格:99,800~(税別)
お手頃に買えるミドルスペックゲーミングPC。電源に余裕があるので増設もしやすく先を見据えたスペックになっています。10万円前後で探しているならおススメの製品ですよ。


PG-FR

製品名:PG-FR
CPU:Core i5-9400
グラフィックス:GeForce GTX 1660
メモリ:8GB
ストレージ:250GB SSD/1TB HDD
電源:750W GOLD
価格:107,800~(税別)
Intel派はこっち。少し金額は上がりますが、CPU性能は同価格帯のAMDより若干高いです。ストレージも申し分ないので、しばらくは困らないはず。


 

ぱそげーまー厳選の
>>【月3,000円以下の高速ネット回線】<<

予算で探す

ロー~ミドルスペック

・12万円

・16万円

・20万円

ショップで探す

周辺機器を探す

 

タイトルとURLをコピーしました