ゲーム配信やリモートワークにおすすめのWebカメラは?Webカメラの選び方と5つのおすすめ商品

周辺機器
周辺機器
この記事は約8分で読めます。

YouTubeが大流行したことががきっかけとなり、今ゲーム実況がとんでもなく熱いジャンルとなっています。

YouTubeの急上昇ランキングでゲーム実況者さんを見かけることもよくありますよね。

2021年になった現在でも、ゲーム実況の人気に衰えを感じることは全くありません。

そんな中、「自分もゲーム実況を始めてみたい!」そう考える方も多いことでしょう。

なので今回は、ゲーム実況を始めようと思い立ち、行動した方がまず初めにぶち当たる壁である

「Webカメラって、結局どれを買えばいいんだ?」

という問題を解決します。

記事の前半では、ゲーム実況用のWebカメラを選ぶとき、何を基準に選ぶべきなのかということを説明しています。

そして後半では、筆者が選んだ最強ゲーム実況用Webカメラを紹介しています。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

Webカメラとは?使い方や選び方について

本題へと入る前にまず、Webカメラとは一体何なのかについて軽くおさらいしておきます。

Webカメラは、カメラ機能のないPCでカメラを使って動画撮影したり、テレビ電話を行ったりするときに必要になってくる機材です。

だんだんとカメラを標準搭載しているノートパソコンは増えてきていますが、デスクトップパソコンにはカメラはついていないことが多いです。

プレイするゲームによってはどうしても高性能なデスクトップパソコンが必要になりますので、ゲーム実況の配信にWebカメラは必須なアイテムです。

ちなみに最近では、コロナの影響でZOOMを使用した会議が行われることが増え、Webカメラの需要は一気に高まってきています。

自分好みのWebカメラを見つけた際は、早めに購入しておくことをおすすめします。

では次に、Webカメラの使い方やWebカメラの選び方についてお話しします。

 

Webカメラの種類

Webカメラには、パソコンにクリップで止めて固定するタイプと、三脚に立てかけて机に置くタイプの2種類あります。

パソコンにクリップで止めて固定するタイプは、パソコンに直接つけるので、スペースを必要とせず持ち運びも楽なことが最大のメリットです。しかし、高さや画角の調節はできません。

一方で三脚に立てかけるタイプは、デスクなどの空きスペースにおいて使用するため、多少のスペースが必要になるうえに、持ち運びが不便です。

しかし、高さや画角の調節の自由が効くものが多く、好みの高さや角度に調節できるのが大きなメリットです。

 

Webカメラの選び方

Webカメラの需要が高まったこともあり、Webカメラの種類はかなり多くなっています。もちろん性能はそれぞれ異なり、適切な使用用途も異なります。

ゲーム実況をするときに最低限必要な性能を知らずに購入してしまうと、失敗してしまう可能性が非常に高いです。

ですので、ゲーム実況をする上で必要なWebカメラの性能についてお話していきます。

高画質は最低限必要

まず前提として、購入の候補は高画質なWebカメラに限定しましょう。

画素数の数値が高く、かつ最大解像度の高いものを選ぶと間違いありません。

最近では、フルHDや4Kなどの高画質配信が浸透してきています。

実際にゲーム実況や動画配信をしている有名実況者さんたちも、皆さん画質が良いですよね。

視聴者の目が高画質が慣れてきている今、画質は疎かにしてはならない要素です。

ただ、画質は通信環境や視聴している端末の性能によって大きく変化します。

いつも最高の画質が視聴者に届いている訳ではない事はご了承ください。

 

フレームレートは60fps以上のものを

フレームレートとは画像の滑らかさを表す単位で、「fps」で表されます。

この数値が高ければ高いほど、画質が滑らかになります。

ゲーム実況を配信する上で、フレームレートは必須事項です。

ZOOM会議やビデオ通話では15fpsや30fpsなどの低レートなWebカメラでも十分なのですが、動画配信ともなると話は変わってきます。

視聴者は、画像がカクカクでぼやけている配信を長時間見続けるのはしんどいと感じてしまいます。

動画配信をするなら、最低でも60fpsは必要です。

60fpsもあれば、もちろんZOOMやテレビ電話はサクサク動くので一石二鳥ですね。

 

ゲーム配信におすすめWebカメラ5選

ゲーム配信をするためにWebカメラを購入するときに大切にするべき基準は、高画質なもので、かつ60fps以上のものであるとお話ししてきました。

次からは、それを踏まえて筆者がゲーム配信におすすめなWebカメラを3つ厳選してきました。是非参考にしてみてください。

 

信頼性が高い 「ロジクール C 980」

「ロジクール C 980」は「ASCII BESTBUY AWARD 2020」「VGP 2021」を受賞しているWebカメラです。

信頼性が非常に高いWebカメラとなっています。

また、AIが搭載されており、顔追尾オートフォーカス、自動露出補正、自動ブレ補正を行ってくれます。画面内のどこにいても、どのような環境下でも自動で調整してくれます。

クリップモニターマウントと三脚マウント(ネジ穴1/4インチサイズ)の両方がついており、モニター等への取り付けだけでなく、三脚に固定しての使用が可能と、とても利便性にも優れたWebカメラです。

値段は1万円台後半と少し高額ですが、二年間のメーカー保証がついていますし、安心と信頼がこの値段で購入できると思うとかなりお得です。

 

コスパ最強 「Vitade 682H」

「Vitade 682H」はカメラの両サイドに、2台の無指向性ステレオマイクを搭載しているので、どの角度からでも臨場感のある音声で配信できます。

さらに、ノイズキャンセル機能を備えているため、自然でクリアな音声を配信することが可能です。

また、自動光補正機能を搭載しており、光の状態に合わせて微調整してくれます。

それにより、薄暗い場所でも自然でクリアな画質で配信することができます。

値段は、5千円前後とリーズナブルな価格設定になっています。

初期費用をなるべく安くしてゲーム実況を始めたい方におすすめです。

 

4K対応の最高品質「エレコム UCAM-CX80FBBK」

「エレコム UCAM-CX80FBBK」は日本メーカー製の860万画素積層型CMOSセンサーを搭載していることにより、4Kに対応し、830万画素の驚くほど明るく鮮明な映像で配信できます。

また、AI技術を応用し、人物を検知して撮影範囲を自動調整するオートズーム機能を搭載しています。

人物を自動で検出し、常に最適な画角に調整してくれるので、視聴者が見やすい配信をすることができます。

また、DOL-HDR技術を搭載していることで、暗い場所や蛍光灯の下、直射日光が当たる明るい場所などで明暗を自動調整し、表情をあざやかに映してくれます。

4Kに対応しているなど、高スペックのWebカメラなので、値段は2万円前半と少し高めの料金設定になっていますが、快適なゲーム配信を行いたいなら”買い”だと思います。

 

有名メーカーの破格Webカメラ「ロジクール C922」

「ロジクール C922」はフルHD1080p、60fpsであるにも関わらず価格は1万円前半と良心的な価格です。

高度な圧縮技術『H.264』 により圧縮時間が短縮され、パソコンへの負荷も軽減されることで、スムーズな操作が可能になっています。

背景の簡単変更機能がついており、配信中の背景も簡単に変更することができるのもおすすめポイントです。

 

ASUSの自信作「ROG Eye S」

「ROG Eye S」は顔認識技術とオートフォーカス技術により、背景から顔をはっきりと際立たせた鮮明でクリアな画像を撮影できます。

また、AI搭載ノイズキャンセリングマイクを搭載しているので、バックグラウンドノイズを抑えてくれます。

さらにすごいのは、コンパクトな折りたたみ式のデザインで、折りたたむと厚さはたったの17mmしかありません。

そのため、ポケットに入れて持ち運ぶことができで、持ち運びを考えている方には非常におすすめです。

値段も1万円ほどと良心的な価格設定になっています。

 

まとめ

さて、今回は「ゲーム実況配信者になりたいけれど、どんなWebカメラを選べば良いのかわからない」という方に向けて、Webカメラの選び方とおすすめ商品を紹介しました。

ゲーム実況の配信には、高画質で、60fpsのフレームレートが出るWebカメラを選ぶ必要がある
ということを覚えておけば、今回紹介したWebカメラ以外の商品を見るときも失敗しないと思いますよ。

それでは良いゲーム実況ライフを!

 

タイトルとURLをコピーしました