スポンサーリンク

ゲーミングPCにMacは買うな!PCゲームにMacが向いてない理由

コラム
この記事は約8分で読めます。

 

最近Macが人気で学校やちょっとした仕事用で購入される方が増えています。

その為か、ゲーミングPCを探している方も、MacとWindowsのどちらにしようかと迷うことがあるそうです。

 

使用用途によってメリット・デメリットが変わりますが、ゲーム目的で購入する場合、Macを買うと後悔します。

なのでこの記事では、ゲームをプレイするためにMacとWindowsのどちらが優れているのかを解説していきます。

 

そもそもMacでゲームをプレイできるのか、それともWindowsでなければならないのか。

OS別で特徴や問題点、メリットをまとめましたので、チェックしてみてください。

 

Macでゲームをプレイできるのか?

結論として、Macでも問題なくゲームをプレイできます。

しかし最大の欠点は、ほとんどのゲームが「Mac非対応」となっていること。

 

例えばマインクラフトのような低スペックでも動かせるゲームは、Macでも十分にプレイすることが可能です。

しかしFPS系ゲームなど、高スペックが求められるゲームは、Windows上でのプレイが推奨されています。

 

そもそもMacのパソコンはクリエイティブな作業に向いていますので、ゲーム目的で購入するのはおすすめできません。

どうしてもゲーム目的で購入するならば、満場一致でWindowsの名前を挙げるほど、Macのパソコンは不向きなのです。

 

絶対使えないわけではない

MacのパソコンでもWindows専用ゲームをプレイする方法はあります。

それが「ブートキャンプ」と呼ばれるもので、Mac上でWindowsのOSを動かすというもの。

 

Windows上でMac OSを動かすことはできません。

そのため、ブートキャンプができるというのは、Macの強みといえるでしょう。

 

実際にブートキャンプを使えば、Windowsを動かしPCゲームをインストールして遊べることができます。

が、グラフィックボードの性能が低いため、必要スペックが高いゲームは快適にプレイできません

 

同じゲームをWindows機と比べてみたとき、目に見えるレベルで歴然です。

また、ゲームはアップデートで進化していきますので、最初こそ快適にプレイできたとしても、後々でカクつきが発生するためおすすめできません。

 

Macでのゲームプレイは発熱が大きな問題に

またMacでゲームをプレイするにあたって、もう1つの大きな問題が発熱です。

パソコンの熱は場合によって、故障の原因となるため真剣に考えなければなりません。

 

Macのパソコンは見た目のデザインが洗練されていて、オシャレであるのが特徴です。

代表格のiMacは一体型となっているため、とてもスタイリッシュでカッコいいデザインになっています。

 

しかしデザインを重視している分、排熱性能が大きな問題となります。

普段使いなら問題ないですが、ブートキャンプでWindowsを動かせば発生する熱量も大きくなってしまいます。

 

そこにゲームを起動させたのであれば、さらにパソコンから発せられる熱量は大きくなり、本体がかなりの熱を持つことに。

触ってみれば火傷をするほどで、どれだけパソコンに負担がかかっているのかが分かるでしょう。

 

もちろん、相当な熱を持っているということは、それだけ故障のリスクを抱えているということです。

そのためMacでのゲームプレイはおすすめできず、WindowsのゲーミングPCで遊ぶことがおすすめだと言われています。

 

Windowsでゲームをするメリット

 

Macのパソコンはゲームをプレイするのに適していないことが分かりました。

しかしこれだけでは、Windowsのパソコンがおすすめされる理由が見えてきません。

 

そこでここからは、なぜMacよりもWindowsのパソコンがゲームプレイに適しているのかを紹介していきます。

大きな理由は、3つあります。

 

もし新しくパソコンを購入しようと考えている人、MacとWindowsのどちらにしようかと悩んでいる人はチェックしてみてください。

ゲーム目的で購入予定ならば、必ず目を通してほしいです。

 

グラフィックボードの交換ができる

Windowsパソコンの特徴は、グラフィックボードの交換やメモリ増設など、購入したあとからでもカスタマイズができるという点です。

年々パソコンはスペックアップしますので、常に最新のパソコンにできるというメリットがあります。

また部分的な故障が発生しても、パーツ交換によって修理することも可能となります。

 

Macの場合は、パーツ交換が難しいだけでなく、故障すれば修理にかなりの時間がかかってしまいます。

なにより、Macパソコンに搭載されているグラフィックボードは型落ちした古い製品が多く、ゲームを快適に動作させることが難しいことが多いです。

 

やはりゲームは快適にプレイできる状態が望ましいため、カスタマイズ可能なWindowsに軍配が上がります

 

排熱性能を高めたカスタマイズができる

Macは見た目のデザインがオシャレですので、若者を中心に人気が高いです。

しかしデザインを重視しているため、排熱性能を犠牲にした結果、使い続けると熱を持ち始めて火傷をする恐れがあります。

 

最新のMacパソコンであれば排熱性能を高めたモデルが登場していますが、それでも自由にカスタマイズ可能なWindowsパソコンに劣るでしょう。

Windowsパソコンであれば、CPUの発熱を抑えるためのCPUクーラーや、ケース内にこもる熱を排出するためのエアフローを意識した作りになっています。

発熱問題を解消することは難しくありません。

 

万が一に熱によって故障したとしても、原因を解消してパーツ交換をすれば、今まで以上に快適に使うことができます。

ゲーム目的でパソコンを使うならなおさらで、スペックだけでなく機能面に至るまで、Windowsパソコンの方が優れているといえるでしょう。

 

Macよりも低価格で購入できる

Macパソコンの特徴はデザイン面の優秀さを持っている反面、販売価格が高くなっているのが否めません。

しかしWindowsパソコンは、Macパソコン1台分で十分な性能を持つゲーミングPCを購入できます。

 

15万円前後でパソコンを購入する場合、同じ価格でもゲーム用途であるならば、快適にプレイできるのはWindowsパソコンで間違いありません。

その違いは、グラフィックボードの性能に大きな差があります。

 

Macパソコンに搭載されているグラフィックボードは、最低限の性能しか持っていません。

しかしWindowsのゲーミングPCは、ゲームをプレイすることに特化させています。

 

また、同等の性能でもMacパソコンよりも安く購入できます。

もしゲーム目的で新しくパソコンを新調するならば、断然Windowsの方がおすすめといえるでしょう。

 

まとめ

ゲーム目的でパソコンを購入するならば、MacパソコンよりもWindowsの方がおすすめです。

しかしマインクラフトのような軽量スペックでも動作可能なゲームをプレイするなら、Macパソコンでも事足りる場合もあるでしょう。

 

問題なのはプレイ予定のゲームにあります。

さらにどのようなプレイをするのか、例えばマインクラフトにMODを導入して遊ぶなら、話がまた変わってくることに。

 

ただ断言できるのは、ゲームをプレイするためにパソコンを購入するなら、間違いなく後悔しないのはWindowsパソコンです。

 

ゲームを起動するだけでもパソコンは大きな熱を発生させますので、スペック面だけでなく発熱性能をふまえて考えてみても、優れているのはWindowパソコンしかありえません。

 

パソコンでガンガンゲームを楽しみたい、快適でヌルヌルと動くようにしたいと考えているならば、誰もが口を揃えてWindowのゲーミングPCを勧めます。

今まさにMacとWindowsでPCの購入を悩んでいるならば、Windows搭載機を購入してください

 

そして、WindowsをおすすめされてもどんなゲーミングPCがいいかわからない!って方はとりあえずドスパラの「GALLERIA XF」を購入してください。

大概のゲームは快適にできるので後悔しないと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました