スポンサーリンク

PCゲームにデスクトップ型をおすすめする理由とノート型との性能比較

パソコン
この記事は約11分で読めます。

ゲーミングPCには、デスクトップ型とノート型の二種類があります。

初めて購入する場合、どっちにしようか迷う人も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、ゲーミングPCはデスクトップとノートのどちらが良いのかを解説いたします。

デスクトップとノート型のメリット・デメリットを踏まえて比較するため、製品購入の際の参考にしてみてください。

 

デスクトップ・ノート型の性能の違い

結論を言ってしまうと、ゲーミングPCはデスクトップ型の方がスペックが高いです。

デスクトップ型とノート型の違いは以下の通りです。

 

CPUの性能

ノートパソコンの場合、筐体の大きさは、デスクトップと比較すると遥かに小さい上薄いです。

空間が限られているため、ノートPC向けCPUは、発熱を抑えている低電圧モデルが主流になっています。

 

また、低電圧モデルの多くは、デスクトップ向けCPUと比較して遥かに性能が悪いことが挙げられます。

ゲームを動かそうとしても、高確率でグラフィックボードの足を引っ張るため、効率が良くありませんでした。

 

近年のノート型の性能は確実に上がっており、中にはデスクトップCPUと比較しても遜色ない処理性能になってきた品もあります。

しかし、まだ数は少なく、同価格のデスクトップPCと比べるとノートPCのCPU性能は低くなることので注意が必要です。

 

グラフィックボードの性能

ゲームをする場合、一番重視しなくてはならない「グラフィックボード」も大幅に性能が違います。

最近ではデスクトップ向けGPUをノートPCに詰め込んだ製品が大幅に増えているため、性能差も以前より縮まっています。

その為ゲーミングノートパソコンの性能は向上したと言ってよいでしょう。

 

しかし、筐体が狭いことで熱がこもりやすい事から、CPUもグラフィックボードも、熱の問題で性能が発揮しづらいという問題が残っています。

 

デスクトップ・ノート型の価格帯別スペック比較

 

5万円~10万円のスペック

 

デスクトップPCの場合

この価格帯のゲーミングデスクトップは、ローエンドからミドルスペッククラスの、廉価版パソコンとなります。

ショップによっては、この価格でも十分ミドルスペッククラスなセッティングの商品もあります。

 

ノートPCの場合

この価格帯の製品は、ゲーミングパソコンとしてはパワー不足が否めません。

しかし、時々ゲームをやる一般ユーザーであれば、選択肢に入ります。

ゲームプレイ中心の、ゲーミングpcとしての用途には向いていないといえます。

 

10万円~15万円のスペック

 

デスクトップPCの場合

10万円を超えると、ミドルエンドクラスのパワーを持つ製品が目に止まるようになります。

有名なBTOショップの売れ筋品にも、この価格帯のPCが揃っています、

 

また、この辺りの構成になれば多くのゲームを最高画質設定で動かせる様になります。

20万円台に近くなると、さらに高性能なビデオカードを載せた製品もあります。

 

ノートPCの場合

ゲーミングノートパソコンの購入を考える場合、この価格帯を最低基準として考えるのがいいでしょう。

設定調整が必要ではありますが、フルHDでゲームプレイも可能です。

 

15万円~20万円のスペック

 

デスクトップPCの場合

この辺りから、4K解像度対応のゲームもプレイ出来るようになります。

性能のバランスがとれているコストパフォーマンスの高い製品の多いクラスです。

また、このクラスになるとパーツの選択肢も増えてきます。

 

ノートPCの場合

このクラスになれば、フルHDでのゲームも普通にできるようになります。

ゲーミングパソコンとしては、最も売れ筋商品の揃う価格帯です。

 

20万円~25万円のスペック

 

デスクトップPCの場合

これくらいの予算であれば、ハイエンドモデルが購入できるでしょう。

ハイエンドモデルは高性能なだけでなく、長期にわたって使用できます。

長い目で見ると、コストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

 

ノートPCの場合

ゲーミングノートパソコンでも、20万円以上ともなればハイエンドクラスのモデルが揃う価格帯でます。

144Hz対応モニタや、ゲーミングキーボード搭載など、ゲーミングパソコンとしての仕様も充実し始めます。

 

おすすめゲーミングPC5選

 

上記のスペック比較をふまえて、ゲーミングデスクトップとゲーミングノート、それぞれのおすすめ品を紹介します。

 

【ドスパラ】GALLERIA GCR1660TGF

 

BTO最大手のドスパラが作った、最高のゲーミングノートPCの一つです。

大容量のストレージと、メモリ容量を使いつつ、グラフィック性能もハイスペックです。

 

安定した大手メーカーの部品を使いつつ、しっかりと保証も付いているので、初心者にはうってつけなゲーミングノートPCです。

 

 

【mouse】NEXTGEAR-NOTE i7931

 

G-TuneのNEXTGEAR-NOTE i7930SA1もおすすめです。

このPCは、17.3インチの大型液晶と、最新のRTX2060を搭載しているのが魅力です。

 

一般的なゲーミングノートPCは、GTX1060や1050Tiが多いため、AnthemやAPEXなどの最新タイトルを高画質で遊ぶのは厳しい性能でした。

しかし、GTX1070Tiと同等以上の性能を持ったRTX2060であれば、最新のゲームも高画質設定で遊ぶことができます。

 

このモデルは液晶が大型なだけでなく、144Hz対応なので、RTX2060の性能をフルに発揮した高フレームレートでのFPSで、有利で快適にプレイすることができます。

バッテリーもフル充電で8時間程度は持つため、コンセントがなくても待ち時間に遊ぶことも可能となっています。

 

 

【mouse】NEXTGEAR-NOTE i5350SA1

 

第九世代の、ノート向けCPU×GeForce GTX1650搭載のゲーミングノートPCです。

非常にバランスが良い一台です。

 

画面は15.6型でバランスが取れているため、持ち運びにも、自宅での作業にも使いやすいでしょう。

120Hzの高リフレッシュ対応モニターなことも魅力です。

 

このモデルの魅力はSSD 256GBを搭載しており、HDDも1TBとストレージも十分でしょう。

快適なPC作業を実現してくれます。

 

 

【ドスパラ】GALLERIA XF

 

このモデルは、高性能なのに非常に価格が抑えられている事から、売れ筋モデルの一つです。

CPUはi7-8700、GPUにはRTX 2070などと不足がありません。

 

FULL HD環境で、100fps以上を出すことも出来る高い性能が特徴で、4K解像度でのゲームも可能です。

初めてのゲーミングPCとして、おすすめな品です。

 

メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成面も文句なしでしょう。

キャンペーン中はかなりお得に購入できます。

 

 

【パソコン工房】LEVEL-M0B6-i7-RXR

 

i7-8700と、GTX1660Tiの組み合わせを採用した一台です。

GTX1660Tiは、GTX1060 6GBの後継モデルであり、コスパの高い一台です。

 

ゲーミングPCとしての完成度は高く、SSDとHDDのダブルストレージも優秀です。

そしてメモリ16GBと圧巻の大きさです。

 

最新タイトルを最高解像度でプレイしても安定しています。

 

 

まとめ

デスクトップPCの大きな魅力が、CPUやメモリなど基本的な性能が高いという点です。

ノートPCはコンパクトな作りである分、パソコンを構成している部品もコンパクトにする必要があることから、どうしても性能が落ちてしまいます。

 

一方、デスクトップPCは十分な領域が確保されており、最新スペックの部品をPC内に構成することができます。

PC購入後に新たなパーツが必要になった際にも、拡張性があるため、柔軟に構成変更を行うことができます。

 

持ち運んで、さまざまな場所で遊びたいという方はゲーミングノートPCを選び、快適にゲームがしたい方はデスクトップPCを選ぶべきですね。

タイトルとURLをコピーしました