スポンサーリンク

ゲーミングPCの音がうるさいなら試してほしい対策方法

コラム
この記事は約8分で読めます。

ゲーミングPCを使っていると、ゴォーという音がうるさいと感じる時があります。

特に高グラフィックのゲームをプレイしている場合に、ゲーミングPCの騒音が気になってしまうでしょう。

 

ゲームに集中していれば気になりませんが、例えば動画の書き出しなどでも騒音が出ることがあり、うるさくて気になってしまうかもしれません。

 

今回はゲーミングPCから発生している騒音について、原因や対策方法について紹介。

なぜゲーミングPCは騒音を発するのかをチェックしてもらい、より快適に使うための改善方法を知ってみてください。

騒音を出しやすいパーツ

ゲーミングPCの騒音が気になっても、その原因が分からなければ対策のしようがありません。

そこでまずは、騒音の発生源から紹介していきましょう。

 

多くの原因はゲーミングPCに搭載されているパーツに原因があります。

それぞれのパーツは一定の条件で激しく稼働していき、その稼働音が大きくなって騒音へとなっていきます。

 

そのため、どんなパーツがどのような条件で音が大きくなっていくのかを知ってください。

 

そうすれば、どのパーツが原因になっているのかが見えてくるはずです。

 

CPUファン

CPUはパソコンを構成するパーツの中でも、一番熱を持ちやすくなっています。

そのため、CPUを冷却するためのCPUファンは必需品と言えるでしょう。

 

そのCPUファンは、CPU温度が上昇していくことによって、ファンの回転数が増加していきます。

 

ファンが高速回転することによって、風切り音が発生してしまい、結果として騒音へと繋がっていくことに。

 

CPUファンには様々な製品がありますが、高い製品になると静音性も高くなっていきます。

 

同時に冷却性能も高くなっていますので、CPUファンをグレードアップすることで改善される可能性があります。

 

グラフィックボード

ゲーミングPCになれば、グラフィックボードの働きが欠かせません。

性能の高いグラフィックボードは、より綺麗に映像を描写してくれますので、その分だけ熱も持ちやすくなります。

 

グラフィックボードにも冷却ファンが標準で搭載されていますが、高画質のゲームをプレイしていると、グラフィックボードを冷やすためにファンの回転数が増えます。

 

また、一部ではグラフィックボードが稼働することによって、コイル鳴きという現象も発生する場合があります。

こちらは個体差がありますので、同じ製品でも発生するものとそうでないものが存在しています。

 

いずれにしても、新しいグラフィックボードに交換すれば騒音問題を解消できることがあります。その場合、ファンの数や大きさを意識しながら選ぶと、騒音対策へと繋がります。

 

ただ、他のパーツの冷却性能を上げると、グラフィックボードを変えずとも騒音が無くなったりもしますので、まずはケースファンの追加等でケース内部の冷却をお試しください。

 

電源ユニット

電源ユニットにも冷却用のファンが搭載されています。

こちらもファンの回転数が上がっていくと、ゲーミングPCの騒音問題へと繋がっていくことに。

 

電源ユニットも使用し続けていると熱が発生します。

この熱は電源ユニットの品質によって大きく変化するもので、「80PLUS認証」のグレードである程度の目安になっています。

 

80PLUS認証のグレードは6段階となっており、最上位のTITANIUMにもなれば、電源効率が良くなって静音性も高くなっています。

対して最下位のグレードのSTANDARDでは、電源効率が悪くなって音も大きくなりがちに。

 

まずは使用している電源ユニットのグレードを確認しましょう。

音が大きいなと感じた場合、グレードの高い別の電源ユニットに交換すると解消できる可能性があります。

 

ケースファン

ケースファンの役割は、ケース内部の空気の通り道(エアフロー)を作るもの。

外から冷たい空気を取り込み、内部の熱気を排出するという一連の流れがあります。

 

CPUやグラフィックボードから発生する熱をケース外部に放出する大切な役割を持っていますので、決して軽視できないパーツの1つ。

 

そのケースファンも、ゲーミングPCの騒音の原因と言えます。

回転数が大きければ大きいほど、やはり大きな音が発生することに。

 

質の良いファンになれば、高回転でも静かに稼働してくれますので、気になる人は交換をおすすめします。

 

ハードディスク

ハードディスクは様々なデータを保存するパーツで、必ず必要になってくるものです。

 

ハードディスクはパソコンの電源が入れば常に回転するもので、さらに書き出しや読み出しによって、回転数が大きくなります。

 

他のパーツだと交換などである程度の解決が見込めますが、ハードディスクの場合はそれができません。

どのメーカーから販売されているハードディスクも、一定の音が発生してしまいます。

 

そのため、どうしても気になる場合はSSDに交換するのがおすすめ

 

ハードディスクよりも価格が高くなりますが、静音性を高める為にも変更したいところ。

HDD⇒SSDへの変更は、静音性だけでなく起動時間の短縮に一役買いますので、ぜひ変更しておきましょう。

 

ゲーミングPCの騒音を解消する方法

 

ゲーミングPCから発生している騒音は、基本的に構成しているパーツに問題があります。

それでは原因となるパーツが特定できた場合、どのように解決すればいいのでしょうか?

 

ここからは具体的な騒音の解決方法について紹介。

いずれも簡単な方法になっていますので、ぜひチェックして挑戦してみてください。

 

各パーツの交換

ゲーミングPCの騒音は、各パーツから発生しています。

そのため、騒音の原因となっているパーツを静音性の高いものに交換すれば、簡単に解決することができるでしょう。

 

CPUファンであれば、静音性と冷却性能に優れている製品への交換。

グラフィックボードは個体差がありますが、ファンの大きさや数に注目して選ぶことになります。

 

各パーツを交換するにあたって注意したいのは、配線の時に空気の通り道をしっかりと作ってあげること。

 

空気の通り道が悪くなると、ケースファンなどの稼働音が大きくなりますので、エアフローを意識して配線をしてください。

 

パソコン内部の掃除

ケースファンやCPUクーラーなど、ファン系統の音はケース内部の温度上昇で大きくなります。

そこで重要になってくるのが、ケース内部のこまめな掃除です。

 

ケース内部には、思っている以上に埃が溜まっています。

毎日のようにゲーミングPCを使い、数年間も内部を開けずに放置していると、ファン周りにおびただしい量の埃を確認できるでしょう。

 

埃が溜まっていると、空気の通り道が悪くなるだけでなく、ケース内部の温度上昇へと繋がっていきます。

そのため、各ファンの回転数が大きくなり、騒音が発生します。

 

ファン周りをエアダスターで掃除するだけでも、騒音対策になります。

また温度上昇も抑えることができますので、ゲーミングPCを長く使い続けることにもなるでしょう。

 

騒音対策ができるPC設定

パーツ交換や掃除をしても、まだ騒音を解決できない場合があります。

その場合は、パソコンの設定を調整することによって改善することができます。

 

パソコン初心者の人からすれば、設定を変更するのは難しいと感じるだけでなく、少し怖いと感じるかもしれません。

しかし確かな効果がありますので、ぜひ実践してほしいところ。

 

それでは具体的に、どのような設定を変更すればいいのかを紹介します。

 

電源プランを「省電力」に変更

ゲーミングPCの騒音の原因は、たいていの場合ファンです。

CPUファンやケースファンは、ケース内部の温度に応じて回転数が変化するようになっていますので、この設定を変えることによって騒音を解決することができます。

 

具体的な方法は、キーボードのWindowsキーとPauseキーを同時に押して、開かれたシステム画面から、「システムとセキュリティ」に戻ります。

 

その中に「電源オプション」がありますので、クリックしましょう。

 

すると電源プランのカスタマイズが可能になります。

その中にある「省電力」を選択すれば、各種ファンの回転数を抑えることができます。

 

しかし一方で、グラフィックボードの働きが下がり、その他の処理も遅くなるといった弊害もありますので、ゲームをプレイする場合には省電力にしない方がいいでしょう。

 

BIOSからファンの回転数を変更

ゲーミングPCの電源を入れた後、すぐに「F12」などのボタンを押すことでBIOSメニューを開くことができます。

 

BIOSメニューでは各種ファンの回転数を細かく設定することができ、ゲーミングPCの静音性をすることができます。

しかし同時に、回転数が落ちてしまうことで、上手くパーツが冷えない恐れも出てくることに。

 

こちらも諸刃の剣と言える方法ですが、上手く設定すれば問題ありませんので、各種ファンの回転数を細かく調整していきましょう。

 

まとめ

ゲーミングPCの騒音は、構成しているパーツから発生しているものです。

その他にも、ケースが傾いている場合や、各パーツが稼働することによって発生する振動が床に触れることで発生していることも。

 

後者の場合、傾きを無くして安定させる方法があります。

また、振動止めなどを使えば、ある程度の解決にもつながるでしょう。

 

しかしそれでも、パーツの交換で大きく改善できるのがほとんど。

同時にゲーミングPCのグレードアップも測れますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました