スポンサーリンク

初心者ゲーム配信者がチャレンジしたいゲーム配信向きのPCゲーム5選

PCゲーム
この記事は約6分で読めます。

せっかくゲーミングPCを持っているなら、ゲーム配信してみませんか?
ゲーム配信とは配信サイトを使って自分がプレイしているゲームを全世界に配信することです。

最近では一般の人から芸能人、プロゲーマー、VTuberなど多種多様な人が活躍しており大変人気のコンテンツです。
しかし、やってみたくても「どんなゲームをすれば、いいか分からない」という方も多いです。
なので今回は、ゲーム配信にピッタリなゲームを5つ紹介していきます。

 

配信におすすめのゲーム5選

Apex Legends

まず、ご紹介したいのがApex Legendsで今、もっとも熱いといっても過言ではないバトロワ系FPSゲームです。

バトロワ系というのは、バトルロワイアルの略でマップが時間経過ともに、小さくなっていき、最終的には本当に限られたマップで対人もしくはNPCと戦っていくジャンルのことを言います。Apex LegendsのApexは日本語で頂点を意味し、一試合当たりは基本的に自分以外に2人とパーティを組み3人×20組総勢60人の中から頂点を競い合います。

なぜ、このゲームをおすすめするかというと、このゲームは基本プレイが無料というのが、大きな理由です。個人的な見解ですが、配信者として初心者のうちは、このような無料ゲームで配信に慣れていくのが大事だと考えます。取り合えず、配信してみたいという方におすすめのゲームです。

 

Dead by Daylight

お次はホラーゲームからご紹介していこう思います。

Dead by Daylightはご存知でしょうか?こちらの作品は配信において、とても人気なゲームになっております。

ゲーム性としては、マップに閉じ込めらてたサバイバー(生存者)がキラー(殺人鬼)から逃げながら脱出を目指すものになります。プレイヤーはサバイバーもしくはキラーを使って、サバイバーなら他のプレイヤーと協力して脱出を目指し、キラーをプレイするならサバイバーを追い詰めながら逃げられないようにします。

なぜ、Dead by Daylightをおすすめなのかというとリスナー(視聴者)の目から見て配信者が、今なにをしているのかがとても分かりやすい点にあります。

配信が慣れない内はうまくしゃべることが難しいと思います。なのでリスナーからコメントが重要です。

コメントへの返答が多種多様なトークテーマを産んでくれます。コメントしてもらうためにもシンプルで何をしているが分かりやすいDead by Daylighは配信向きなゲームです。

 

マインクラフト

マインクラフト、皆さんも一度は聞いたり、見たことやプレイした経験がおありだと思います。

マインクラフトの注目する点は、あまりにも高すぎる自由度と幅広い層からの人気です。

建造物を立てたり、動物などの飼育、冒険に出かける,mod(拡張パック)を入れて楽しむなど一つののコンテンツでの様々なことを楽しむことができます。

つまり、このゲームを手に入れるだけで配信にたくさんの色をつけることが可能になります。配信においてリスナーを飽きさせない、リスナー離れを防ぐためにもこのゲームはとても向いています。

そして、もう一点マインクラフトは幅広い層で人気は獲得しています。理由は上記で説明した通り、自由度の高さからですが、言い換えると幅広い層のリスナーを獲得するチャンスがあるということです。

やはり、たくさんの人に自分の放送を見に来てもらいたいですよね。新規リスナー増やすためにも一役買ってくれるこのマインクラフトはとても配信向きだと思います。

 

モンスターハンターワールド(アイスボーン)

日本のゲームからも紹介していきたいと思います。

モンスターハンターはご存知の方も多いですよね。世界中で長い間、愛されて続けているゲームです。最早、説明不要の作品ですよね。

配信界隈でも、昔から放送されていて初心者でも敷居が低く、配信者の成長していく姿が目に見えて分かりやすい、これほどまでに配信に向けているゲームもなかなかないです。

ストーリーをこなしていきエンディングを迎えても圧倒的なやりこみ要素が待っていて、リスナーを飽きさせることもありません。Dead by Daylightの時にも説明しましたが視聴者からのコメントはとても重要です。

このゲームもコメントがしてもらいやすいです。こちらの場合は配信者のプレイに対してアドバイスなどして頂き、それに応じてトークしていく印象ですから返答に困ることも少なく、円滑に配信できるコンテンツです。

 

Getting Over It with Bennett Foddy

最後に、少し変わり種の作品を紹介していきます。

Getting Over It with Bennett Foddyは通称壺男と呼ばれコアな人気を持っています。壺男と聞いてピンときた方も多いと思います。

このゲームは壺に入った男性がハンマー一本で登山をしていくものになります。この作品が人気となった要因としてはその難しさにあります。

あまりにも、悪い操作性がゲームの難易度引きあげ、クリアができずに頭を抱える人が続出しました。一見、配信向きではないように感じますが、じつはとても配信向きなゲームなんです。私は上記でコメントの需要性を訴ってきましたが、もう一つ大事なことがあります。

それは、見どころです。人気の配信者の放送には必ず見どころあります。ゲームがとてつもなく上手い、トークが面白いなど人気の理由は必ずあるはずです。

ですが、最初の内はそう上手くはいきません。そんな初心者の方でもこのゲームは簡単に見どころ作ってくれます。例えば、クリア直前でスタート地点に戻ってしまった。

これはリスナーにとっては限りなく面白い状況です。このようにして見どころを作りやすい。このゲームも今まで作品とは方向性は違いますが、配信向きなゲームと言えます。

 

 

さいごに

今回ご紹介したゲームには、ジャンルこそ違いますが、共通するものがあります。

それは視聴者も参加できるゲームの中で選んでみました。つまりマルチプレイができるということです。

ゲーム配信には参加型というジャンルがあります。始めたばかり頃は、なかなか人も来てくれません。それでも来てくれた人を少しでも楽しせるために視聴者と一緒にゲームをプレイをするという手もあります。

それを視聴者参加型といって配信黎明期からずっと、行われていて今もあります。配信する機会があれば、一度お試しください。少しでもこの記事がお役に立てれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました