初心者向けのゲーミングPCってどんなの?初心者でもわかるゲーミングPCの選び方と基礎知識

デスクトップ型
デスクトップ型パソコン
この記事は約11分で読めます。

ゲーミングPCの知識が十分でない無い人がゲーミングPCを購入しようとすると最初につまづくのが「性能とか見方が分からないよ…安心して買えるのってどれなんだ…」ということです。

これは、初めてPCを購入する人が全員通る難関ですのでご安心ください!

そこで本記事では、ゲーミングPCの購入時に役立つ性能の見方や選び方をご紹介します。

この記事を読み終えた頃には、初心者のあなたでも自分の力でゲーミングPCを選べるようになっています。

また本記事では、初心者におすすめのゲーミングPCを3つ紹介しています。

それぞれのPCの性能の紹介に加えて、そのPCでどんな作業ができるかについても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

初心者向けゲーミングPCのおすすめモデル

はじめにおすすめのモデルを紹介しておきます。

当サイトが選ぶ『初心者におすすめのゲーミングPC』はFRONTIERのFRGH570です。

スペックや価格は↓。


CPU:Core i7-11700F
GPU:NVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ:16GB (8GB x2) メモリ
SSD:512GB M.2 NVMe SSD
電源:【SilverStone製】1000W ATX電源 80PLUS PLATINUM(SST-ST1000-PTS)
価格:199,800(税込)

 

このモデルの詳細はこちら


 

まずは、なぜ数あるBTOショップの中からFRONTIERを選んだのかについてお話しします。

FRONTIERはヤマダ電機の系列BTOショップでサポートが充実しています。

そのため、初心者でも安心して購入することができることを考慮して選びました。

また、性能に対しての価格がかなり安く、高性能PCをお得に入手できるところもFRONTIERがおすすめな理由です。

今回紹介しているFRGH570もかなり高性能なのにも関わらず、値段は20万円を切っています。

どれぐらい高性能なのかといったスペック的な話は後ほど詳しく話します。

これから紹介するPCのスペックの見方や選び方をしっかりマスターした上で、再びこのPCの性能を見れば、このPCの素晴らしさが分かっていただけるはず。

本気でおすすめできるゲーミングPCだからこそ、性能を見て納得して購入していただきたいです。

 

初心者がゲーミングPCを選ぶ3つのポイント

 

初心者がゲーミングPCを購入するなら、CPU、GPU、メモリの3つの知識は必ず抑えておかなければなりません。

CPUやメモリはパソコンの処理能力に関わってきますし、GPUは映像の滑らかさに関わってきます。

オンラインゲームをするなら、この3つの選び方は絶対知っておくようにしましょう。

 

もし知らないまま性能の低いPCを購入すると、ゲームがカクついて正常にプレイできないこともありますし、最悪ゲームの起動すらしない可能性があります。

せっかくゲーミングPCを購入したのにゲームをプレイできずに泣き寝入りなんていう事例もよく耳にします。

 

でも、この記事に出会えたあなたは怖がらなくても大丈夫です。

今からCPU、GPU、メモリのそれぞれの見方と選び方について詳しく解説します。

ただ、もし仮に今からの解説を聞いてもわからない場合は、その次に紹介する初心者におすすめのFRONTIERのゲーミングPCを購入したら大丈夫です。

 

FRONTIERは安心して購入できますし、セールも頻繁にしてのもあって性能に対してのコスパがかなりいいので初心者には自信を持っておすすめしています!

 

ポイント① CPU

まずはCPUとは何かについて解説します。

CPUは、正式名称を「中央演算処理装置」といって、コンピュータの中心的な処理装置となっています。

よく、動物でいう心臓や脳に例えられることが多いですね。

 

CPUの役割は、様々なパーツで分担して作動した情報の全てを把握、処理することです。

つまり、CPUの良し悪しは、パソコンの頭の良し悪しということになります。

 

ここまで説明すると、「じゃあ一番性能の良いやつにしたら安心?」とよく質問されます。

もちろん一番性能のいいCPUを購入するに越したことはないのですが、今一番性能がいいCPUは軽く10万円は超えますよ!予算に問題ない人なら大丈夫ですが・・・

 

そこで、CPUを選ばないといけません。

「何を基準にCPUを選べばいいの?」ということなのですが、まず大前提で守って欲しいのが「やりたいゲームの推奨スペック以上のCPUを選ぶ」ということです。

 

例えば、あなたが流行りのPUBGをプレイしたいとしましょう。

インターネットで「PUBG 推奨スペック」と検索すると、次のようなスペック表が出てきます。

 

CPU:Core i5-6600K
GPU(グラボ):GTX 1060
メモリ:16GB

 

この表の1番上に書かれてあるCPUに注目していただくと、「Core i5-6600K」記載されているのが分かります。

これがPUBGがゲーミングPCに求めるCPUの性能というわけです。

 

つまりPUBGをプレイしたい人の場合、「Corei5-6600K」というCPUを選べばいい良いということになります。

 

ちなみに、CPUは「Intel」と「AMD」の2社がゲーミングPCでは主流です。

それぞれ、「Intel Core i〇-〇〇」や「AMD Ryzen〇 〇〇」といった表現で記載されています。

 

では次に、どうやってCPUの良し悪しを見極めるかということについて解説します。

 

ここで役立つのが、ベンチマークを見ること。

インターネットで「CPU ベンチマーク 比較」などと検索すると、数百種あるCPUのベンチマークの結果が数字として表示されるます。

 

今回例にあげたPUBGでおすすめされていたCPU「Corei5-6600K」の場合、ベンチマーク『pass Marc』の結果は7500〜8000あたりになることがわかります。

 

これくらいの性能が有れば、どんなゲームでも十分にプレイすることができます。

そのため、だいたい7500〜8000を基準に選んでいただくと無難です!

 

ポイント② GPU

GPUは「Graphics Processing Unit」の略です。これだけで何をするパーツか想像つくでしょうか?

 

これは、3Dグラフィックスを描写するときに必要な処理を行ってくれるパーツです。

そのため、3Dゲームのプレイには欠かせないパーツとなっています。もしGPUの性能が低いと映像の処理が追いつかずカクカクした描写になってしまいます。

 

CPUと同じように、GPUもゲームによって求める性能がそれぞれ異なります。

そしてこれも、ゲームの推奨スペックに記載されています。例えばCPUの解説の時に例に挙げたPUBGの推奨スペックを見てみると、

 

CPU:Core i5-6600K
GPU(グラボ):GTX 1060
メモリ:16GB

 

GPUは「GTX 1060」って書いてあるのが分かりますね。

これはNVIDIA社の「GeForce GTX 1060」の略です。

ちなみにGPUはNVIDIA社とAMD社の2社が主流で、それぞれ「NVIDIA GeForce 〇TX 〇〇」「AMD Radeon RT 〇〇」と記載されています。

 

何に気を付けて選べば良いかということなのですが、GPUを選ぶ時もCPUと同様にベンチマークを利用すると性能が数値化されて分かりやすいです。

気になる人は、インターネットで「GPU ベンチマーク 比較」で検索すると出てきます。

 

例えばPUBGの推奨GPU「GeForce GTX 1060」のベンチマーク『3D Mark time』の結果は4000前後です。

 

だいたいどのゲームの推奨スペックもこの辺りなので、4500以上の数値を出してるGPUを搭載すれば、ほとんどのゲームを問題なくプレイできます。

 

ポイント③ メモリ

メモリというのは、『一時的に』データを保存する場所のことです。

 

一時的にという表現に違和感を覚えたあなた!あなたはROMメモリ(ストレージ)と勘違いしている可能性があります。

 

パソコンにはRAMメモリとROMメモリの二種類のメモリがあります。

RAMメモリは、作業のデータやプログラムを一時的に保管する役割を持っており、デバイスの電源が切れるとメモリ内に保存されたデータも消去される仕組みになっています。

つまり、記憶はしません。

 

RAMメモリの役割を身近なもので例えると、脳のキャパとか机の大きさとかに例えられることが多いです。

つまり、RAMメモリの容量が多いと一度に処理できる能力が増えます。

 

RAMメモリの容量も、必ずゲームの推奨スペックには記載されています。

ただ、これに関しては何も考えずに「16GB以上」を選んでいただけると問題ありません。

どうしても16GB以下で購入する場合は満足してゲームができない可能性があるのでお気を付けください。

 

初心者におすすめのゲーミングPC3選

スペックの見方や選び方については理解できたけど、参考程度にいくつかおすすめのゲーミングPCが知りたいという人のために、おすすめのゲーミングPCを3つ紹介します。

今回は、初心者でも扱いやすいFRONTIERのミドルクラスのゲーミングPCを厳選してきました。

 

ミドルクラスといえども、ほとんどのゲームを滑らかにプレイできます。

動画編集やCG作成などある程度スペックが必要な作業もできないことはありませんが、PCによっては少し動作が遅くなる場面もあるかな・・・くらいの性能です。

 

3位:FRGAH570/NTK

CPU:Core i5-11400F
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:16GB (8GB x2) メモリ
SSD:512GB M.2 NVMe SSD
電源:850W ATX電源 80PLUS GOLD
価格:135,800〜(税込)

 

CPUがCore i5-11400F、GPUがGTX 1660 SUPER、メモリ16GBを搭載しているにもかかわらず、価格が15万を切ってる化物ゲーミングPCです。

また、電源が850Wあるので後から性能の良いGPUに変更できるのも良いですね。

カスタマイズにおいて将来性も保証されています。これだけの性能で13万円代で提供できるのはFRONTIERだけ。

初心者に自信を持っておすすめできる1台です。

このモデルの詳細はこちら

 

2位:FRGKB560/A

CPU:Core i7-11700F
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:16GB (8GB x2) メモリ
SSD:1TB M.2 NVMe SSD
電源:850W ATX電源 80PLUS GOLD
価格:159,800(税込)

 

こちらはCPUがCore i7-11700F、GPUがNVIDIA GeForce GTX 1660 Tiを搭載しています。

先ほど紹介したPCから全体的な性能をバランスよくアップさせたモデルといった印象です。

「ちょうどよくゲームをしたい人が求めているPC」を完全に再現した、性能の整ったゲーミングPCですね。SSDが1TBに容量アップしているのは嬉しいですね。

 

ゲームにMODを導入して遊びたい人でも問題なく遊べます。

例えば、マインクラフトの影MOD程度なら余裕で導入して楽しむことができます。

ただ、一度に何個も何個もMODを起動させると流石にきついです・・・

 

GPUは後からでも変更もできるので、もし画質に物足りなくなってきたら交換可能なので、このPCを購入するのは良い選択です。

このモデルの詳細はこちら

 

1位:FRGH570

CPU:Core i7-11700F
GPU:NVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ:16GB (8GB x2) メモリ
SSD:512GB M.2 NVMe SSD
電源:【SilverStone製】1000W ATX電源 80PLUS PLATINUM(SST-ST1000-PTS)
価格:199,800(税込)

 

さいごに、冒頭で紹介したモデルです。パーツ構成や価格からみても、やはりこのモデルが一番おすすめですね。

このゲーミングPCはこれまでに紹介した2つと比べてGPUの性能が格段によくなっています。

ベンチマーク『3D Mark Time』のスコアでいうとさっき紹介した2台のゲーミングPCが搭載してた「GTX 1660 SUPER」と「GTX 1660Ti」は6000〜6500程度です。

それに比べて「RTX 3060」は9000弱もあります。

また、電源が1000Wとまだまだ余裕が残ってるのも魅力的です。SSDの容量を増やしたりいろいろ拡張の余地が残されてるから、将来的にも楽しめるPCです。

 

これだけの性能があれば、ゲームだけではなくCG作成や動画編集、音楽編集などといったクリエイティブな作業にも問題なく使用できます。

ストレスフリーでこういった重めの作業に没頭できるのは嬉しいですよね。それなのに20万円を切るのは、いくらなんでも安すぎると思います!

これ1台購入すれば、基本的にどんな作業でも満足できるでしょう。

このモデルの詳細はこちら

 

まとめ

ゲーミングPCを選ぶ時は最低限CPU・GPU・メモリゲームの推奨スペックを満たしているかどうかで選ぶと最悪の失敗は避けられることは覚えておいてください。

 

もしPC購入サイトで欲しいゲーミングPCのCPUやGPUの性能がどのくらいか分からない時はベンチマークを調べることをおすすめします。

 

本記事で初めて得た知識を利用して早速10万円以上のPCを購入するのは、流石に危険すぎます。できれば、本記事でおすすめしたPCからゲーミングPCを選ぶようにすると安全です。

タイトルとURLをコピーしました