スポンサーリンク

30万円台で買えるゲーミングノートPCのおすすめはどれ?おすすめなモデルを3つ厳選

ノート型 パソコン
この記事は約7分で読めます。

ゲーミングPCと言っても「ゲーミングデスクトップPC」と「ゲーミングノートPC」に分類されることを、皆さんご存知でしょうか?

一番イメージされるのは、家でじっくり腰を据えてプレイするゲーミングデスクトップPCかもしれませんが、ゲーミングノートPCも良い物です!

具体的なメリットを挙げますと「移動している最中や外出先でもプレイすることが出来る」というポイントが一番挙げられるかと思いますが、30万円台のゲーミングノートPCはそれだけではありません。

「スペックはゲーミングデスクトップPCと同等」という圧倒的なパフォーマンスを発揮しています。今回はそのゲーミングノートPCについて、30万円台で特に優れたオススメモデルをご紹介します!

 

おすすめのモデルを販売しているショップは?

今回選定したゲーミングノートPCを販売しているのは、BTOメーカー「ドスパラ」「パソコン工房」の2社です。

この2社はゲーミングPCの組立て・販売に長年の実績があり、初心者の方にもオススメなメーカーとなっています。

早速ですが、おすすめモデルを紹介していきます。

 

【ドスパラ】GALLERIA GCR2080RNF-E

OS:Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPU:インテル Core i7-9750H (2.60-4.50GHz/6コア/12スレッド)
GPU:NVIDIA GeForce RTX 2080 GDDR6 8GB + インテル UHDグラフィックス630/ HDMI2.0 x1/ miniDPx1
メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
ストレージ:1TB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 3000MB/s)
モニタ:17.3型(非光沢ワイド リフレッシュレート240Hz LEDバックライト液晶)
解像度: フルHD(1920×1080ドット表示))
バッテリー:リチウムイオンバッテリー(約7.6時間)
サイズ:398.5(幅)× 272(奥行き)28.15(高さ 最薄部) mm
重量:約2.7Kg(内蔵バッテリー含む)

このモデルは、ドスパラでもハイエンドゲーミングデスクトップPCに同等性能を持っていることを特徴として紹介されているモデルです。

CPUはi7の中でも最新のパーツを搭載しており、ゲーミングPC全般の中でも十分な性能を発揮します。

グラフィックボードに関しては、GeForce製の最新パーツとなっており最新のゲームも快適に遊ぶことができるでしょう。

メモリが16GBというのもPCゲームをプレイするにあたって必要な容量を兼ね備えており、満足の行くプレイが体験できそうです。

モニタは大型で240Hzを誇るリフレッシュレートが描画可能ということもあり、FPSゲームをプレイする方に最もオススメのモデルです!

 

【パソコン工房】LEVEL-17FG102-i9K-VOPVI

OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版] CPU:Core i9-9900K(8コア / 16スレッド)
GPU:GeForce RTX 2080 8GB GDDR6
メモリ:32GB(16GB×2/DDR4-2400 S.O.DIMM (PC4-19200))
ストレージ:SSD[M.2 SSD 500GB NVMe対応]/HDD[1TB HDD Serial-ATA] モニタ:17.3型(非光沢カラー液晶/G-SYNC対応/144Hzリフレッシュレート)
解像度:フルHD(1920×1080ドット)
バッテリー:リチウムイオンバッテリー(約2.1時間)
サイズ:約幅418mm×奥行296mm×高さ41mm(※最大突起物を含まず)
重量:約4.35kg(※バッテリー含む)

このモデルはCPUにデスクトップCPUを搭載していることが特徴的です。

デスクトップCPUとは、通常デスクトップPCに搭載されるパーツのことを言います。このモデルはそれをノートPCに搭載することで、ハイパフォーマンスな仕様となっています。

特にi9を搭載しているノートPCというのはとても珍しいです。ゲーミングデスクトップPCでもごく一部のモデルにのみ搭載されているi9を惜しみなく搭載しているこのモデルは、間違いなくどのゲームでも活躍する手助けとなるでしょう!

バッテリー持続時間は約2時間程度と短めなこともあり、カフェやオープンスペースなどコンセントのある場所でプレイすることが望ましいかと思われます。

 

【パソコン工房】LEVEL-17FG102-i9K-VORS

OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版] CPU:Core i9-9900K(8コア / 16スレッド)
GPU:GeForce RTX 2080 8GB GDDR6
メモリ:16GB(8GB×2/DDR4-2400 S.O.DIMM (PC4-19200))
ストレージ:SSD[Serial-ATA SSD 960GB]/キャッシュ用SSD[32GB インテルOptaneメモリー] モニタ:17.3型(非光沢カラー液晶/G-SYNC対応/144Hzリフレッシュレート)
解像度:フルHD(1920×1080ドット)
バッテリー:リチウムイオンバッテリー(約2.1時間)
サイズ:約幅418mm×奥行296mm×高さ41mm(※最大突起物を含まず)
重量:約4.35kg(※バッテリー含む)

このモデルは2つ目のモデルのマイナーチェンジ版となります。

特徴的なのはストレージ部分ですね。SSDが通常のSATA SSDとなり、その代わりに容量が960GBと増量されました。また、キャッシュ用SSDが搭載されたことが一番の特徴と言えるでしょう。

キャッシュ用SSDのキャッシュとは、「一度閲覧したウェブサイトなどをキャッシュとして保存し、再アクセスした際に高速なページ展開を行う仕組み」のことをいいます。

キャッシュ情報を一時的に保存する必要があり、通常はHDDに保存されるのですが、このモデルではSSDに書き込むようになっています。ウェブサイトを閲覧する際に高速アクセスが可能となるなど、ゲームプレイ以外でも利点が体験できるようになっています。

CPUがi9な部分はこちらも同じということを踏まえると、メモリが16GBということもあり、ゲームだけではなく動画配信や動画制作も可能かと思われます。

「ゲーミング環境を構築するにあたって、プレイだけではなく自分の華麗なプレイ動画もUPしたい!」という方へ、特にオススメなモデルとなっています!

 

さいごに

30万円台のゲーミングノートPC3選をご紹介させていただきましたが、気になるモデルは見つかりましたでしょうか。

正直、30万円のゲーミングノートPCとなるとスペックは全くゲーミングデスクトップPCに負けません。それどころか、持ち運びも可能という点を加味するとゲーミングデスクトップPC以上かも知れません!

ゲーミング環境というと、ついつい腰を据えてプレイするデスクトップモデルをイメージしがちですが、視野を広げてみるとゲーミングノートPCも十分あり得る選択肢だとお気づきになられるのではないでしょうか。

バッテリーの充電などを考えると悩ましい方もおられるかもしれませんが、ぜひとも次に購入する際はゲーミングノートPCを選んでみませんか!

タイトルとURLをコピーしました