スポンサーリンク

最強のゲーミングPCはどれだ!BTOパソコンメーカー3社の最強スペックを備えたゲーミングPCを紹介

デスクトップ型
この記事は約8分で読めます。

早速ですが、今回は【マウスコンピューター】【ドスパラ】【パソコン工房】の3社から、
ゲーミングPCのモデルに限って最強ゲーミングPCをご紹介します!

まずピックアップするにあたって、”最強とはなにか”という定義付けから行いました。

①一番高性能なBTOモデルであること
②Windows搭載であること
③パーツや構成などでのオプションによる性能UPは除くこと
④モニター等、周辺機器によるセット販売での高額品は除くこと

以上の4点から、デスクトップ型~ノート型まで幅広くチェックしてみました!

マウスコンピューターで最強スペックのゲーミングPCはこのモデル!

 

マウスコンピューターの最強モデルは・・・「MASTERPIECE i1640PA3-SP3」!

価格:319,800円~ (税別・送料別)※2020/4月時点

OS:Windows 10 Home 64ビット( 『Windows 10 版 Minecraft スターター コレクション』付属 )
CPU:インテル Core i9-9900K
メモリ:32GB メモリ [ 16GB×2 ( PC4-21300 / DDR4-2666 )] グラフィックボード:GeForce RTX 2080 Ti
ストレージ:SSD 1TB NVM Express SSD (インテル Optane メモリー H10 & ソリッドステート・ストレージ / PCI Express Gen3 x4 接続 )
電源:800W 電源 ( 80PLUS TITANIUM )

基本構成は以上となります。

まず目を引くのは、CPUである現世代の中でも超高性能のCore i9-9900Kです!特徴は「8コア/16スレッド」という点にあり、最高のゲーム体験をしたいというユーザーにとっては最高峰のスペックを持つCPUの1つなのは間違いありません!

メモリも32GBなので、フリーズなどを極力抑えることができスムーズなゲーム体験に一役買うことでしょう!

グラフィックボードも、NVIDIA社から発売されているGeForceシリーズの中では現在最高のスペックを誇ったパーツとなっており、CPU・メモリ・グラフィックボードの全てにおいて最高品質のモデルとなっています!

OSのオマケとして、Minecraftのスターターコレクションが付いてくるため、無料でゲームが1本付いてくるという点でもお買い得ですよね!

 

 

ドスパラで最強スペックのゲーミングPCはこのモデル!

続いては、ドスパラから販売されているモデルの中で最強スペックを誇るゲーミングPCについてご紹介します!

ドスパラの最強モデルは・・・「GALLERIA ZZ-SLI」!
価格:499,980 円(+税) [48回まで手数料無料] JACCS分割払い(48回):月々11,500円(税込)※2020/4月時点

OS:Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
CPU:インテル Core i9-9900KF (3.60GHz-5.00GHz/8コア/16スレッド/内蔵グラフィックス非搭載)
メモリ:32GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/16GBx2/2チャネル)
グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti 11GB (HDMI x1,DisplayPort x2,USB TYPE-C x1) 《SLI接続》
ストレージ:1TB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 3000MB/s)
電源:CORSAIR 1000W 静音電源 (80PLUS GOLD / RM1000x)

基本構成は以上となります。

最大の特徴は、グラフィックボードにGeForce RTX 2080 Ti 11GBを2枚差で搭載していることです!NVIDIA製のグラフィックボードを複数個同時に動作させる仕組みを「SLI接続」といい、本モデルは2-Way SLI接続をしているモデルとなります。

最近のゲームはグラフィック面に力を入れているものが多く、1枚のグラフィックボードでは性能不足となる場面も少なくありません。

そういった場合に活用されるのがSLI接続です。1枚の時と比べ、最大2倍の描画性能を発揮することができ4Kなどのグラフィックで遊びたいという方へ、特にオススメのモデルとなっています!

CPU面では、Core i9-9900KFを使用しており前述の”Core i9-9900K”とほぼ同じスペックとなります。

しかし、こちらは内蔵グラフィックスを搭載していないモデルとなり、映像を出力する機能をグラフィックボードに頼ることを前提としたCPUとなっているので、少しお値段が安く済むという利点があります。

余談ですがこのことから、末尾に”F”の付くモデルはゲーミングPC業界においても搭載されることが多くなってきています。

メモリは32GBを搭載しているので、現行のゲームソフトをプレイするにあたって、ゲーム以外のアプリを立ち上げたままマルチタスク環境でのプレイといったとてもゴージャスな体験もすることができます!

 

 

パソコン工房で最強スペックのゲーミングPCはこのモデル!

続いては、パソコン工房から販売されているモデルの中で最強スペックを誇るゲーミングPCについてご紹介します!

パソコン工房の最強モデルは・・・「LEVEL-FCTZ-LCRT3W-VWVI」!

価格:899,980 円(税別)~ ※2020/4月時点

OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版] CPU:Ryzen Threadripper 3990X
メモリ:64GB DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) (16GB×4)
グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER 8GB GDDR6
ストレージ:500GB NVMe対応 M.2 SSD + 2TB Serial-ATA HDD
電源:850W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

基本構成は以上となります。

最大の特徴は、CPUに「Ryzen Threadripper 3990X」を搭載していること!このCPUは「64コア/128スレッド」を誇るウルトラハイエンドモデルとして相応しいスペックを持っています。

これはもはや、ゲームのためだけではなく3Dグラフィックや映像制作としてクリエイターの方が使われるぐらい性能が高いために、ゲームプレイをする上で他のプレイヤーを一切寄せ付けない、最高のプレイ体験が出来ること間違いありません!

メモリも64GBと、CPUに負けず劣らずゲームプレイ環境の中では他者を圧倒するスペックです。もはや垂涎モノ……。

グラフィックボード面では、次世代の超高速「GDDR6 メモリー」を搭載しているためにFPSゲームなどで多くなってきた”リアルタイムレイトレーシング”といった機能も完璧に描画してくれます!

この機能により、ゲーム内の光源描写や水溜りなどに対する反射処理をまるで現実のように表現してくれるので、開発者の作った通りのゲームをプレイしたいという方にもオススメです!

 

 

さいごに

以上、3社から発売されているゲーミングPCのスペックをご覧になっていかがでしたでしょうか。

ゲームの技術は時代が進むにつれ、ますますリアリティを高め、まるで現実で体験しているかのような錯覚をユーザーの皆さんに対して与えてくれます。

そういったプレイ体験をするためにも、今回オススメしたモデルの中から自分の理想通りのモノを見つけてみてはいかがでしょう。

今回オススメしたモデルはベースとなる基本カスタマイズ構成からピックアップしたので、「これ以上のパーツを搭載して、思い通りの最高級モデルを作ってみたい!」といったMyゲーミングPCを考えてみるのもオススメです!

タイトルとURLをコピーしました