ゲーミングPCでVtuberデビューできる?どんなスペックが必要なのか?

応援よろしくお願いします!

これからYouTuberになろうと考えている人の中には、Vtuberを検討している方がいるかもしれません。

顔出しできない事情を解決でき、需要も高いことから、人気者になれる可能性が十分にあります。

ただ、Vtuberを始めるにあたって、高いスペックのパソコンが必要だということがわかっても、どれだけのスペックが必要なのかが分かりません。

今回はVtuberデビューを考えている人に向けて、ゲーミングPCで動画制作ができるのかどうか、必要なスペックや機材について解説していきます。

ぜひチェックしてもらい、Vtuberデビューの準備を進めてみてください。

Vtuberデビューに必要なスペックとは?

Vtuberとしてデビューするためには、それなりに高いスペックを持ったパソコンが必要になります。

結論から言えば、ゲーミングPC程度のスペックがあれば、十分にVtuberの動画を制作できるでしょう。

まずはVtuberの動画を作るために、必要はパソコンのスペックについて紹介。どれだけの性能があれば十分なのかをチェックしてみてください。

CPU

CPUに関しては特に重視するべきポイントではありませんが、可能であれば最新のものがいいでしょう。

具体的には第8世代以上のIntel社製CPUが理想で、Intel Core i5以上であれば、十分にVtuberの動画を作ることができます。

Intel Core i9までは必要がありませんが、Intel Core i7であれば余裕をもってVtuberの動画制作ができます。

その分、ゲーミングPCの価格が高くなってしまいますが、他のパーツ性能のバランスを見ながら選んでいくことをおすすめします。

グラフィックボード

Vtuber動画制作にあたって重要なのが、グラフィックボードです。

グラフィックボードは動画制作において、書き出し時間や安定した編集に影響してきますので、高性能であればあるほど快適に作業ができます。

また、ライブ配信などを視野に入れるなら、グラフィックボードの性能が高いほど、安定した綺麗な映像での配信が可能に。

特にゲームの実況プレイを配信するのであれば、高性能なグラフィックボードは欠かせません。

最低でもGeforce GTX1060が必要になります。

しかしGeforce GTX1060は、最低限の画質を保ちながらの配信になりますので、より綺麗な映像を求めるのであれば、Geforce GTX1660以上が理想となるでしょう。

なお、グラフィックボードを選ぶ際は「VR Ready」に対応している製品を選ばなければなりません。

ほとんどの製品に対応しているものですが、なければVRを使った配信ができませんので注意が必要です。

メモリ

メモリは容量が大きければ大きいほど、パソコンの動作が安定します。

ゲーミングPCであれば最低でも8GBが搭載されていますが、これではVtuberの動画を作る、もしくは配信するとなれば厳しいかもしれません。

そのためVtuberとしてデビューを考えているならば、最低でも16GBはほしいところ。16GBなら複数のソフトを起動しながらでも安定します。

メモリが足りないと、配信中にソフトが落ちてしまう可能性があります。

途中でライブ配信が終了する、動画編集中のデータが壊れてしまうなど様々な問題が起きてしまいますので、なるべく大きい容量を選択しましょう。

Vtuberになるために必要な機材

Vtuberはスマホ1つでなれる時代になりましたが、パソコンを使って動画を作っていくのであれば、様々な機材が必要になります。

ここからはVtuberにあたって、必要な機材を紹介。どんな機材が必要になってくるのか、これから準備を進めていく人はチェックしましょう。

マイク

動画を作るためには映像が必要であり、何よりも音声が欠かせません。

声を収録するためのマイク機材は当然、必要不可欠な道具の1つ。これがなければ動画に音声を乗せることができず、Vtuberとしてデビューすることができません。

マイクにも種類がありますが、ゲームの実況配信も視野に入れるならば、コンデンサーマイクがいいでしょう。また、マイクを自立させるためのスタンドも合わせて必要に。

高価な製品はたしかに綺麗な音で収録ができますが、安い製品でも性能が高いものがあります。どんなマイクがいいのか、じっくりと吟味してもらって、最適の1台を見つけてみてください。

WEBカメラ

Vtuberのモデルは、主にWEBカメラで動きを撮影して動かしている場合が一般的です。

他にもVRキットを使って動かす方法もありますが、かなりの費用が必要になりますので、あまりおすすめできません。

WEBカメラは安くて3,000円から購入できます。できるだけ解像度が高く、30fpsで撮影可能なものを選べば、問題なくVtuberの動画を撮影できるでしょう。

専用ソフト

動画を作るためには、まず動画編集ソフトが必要不可欠。そして実況配信をするならば、配信ソフトも必要になってきます。

ソフトやアプリだけでも複数が必要になりますが、いずれも無料で用意することができます。もちろん、優良ソフトになれば性能が高く、編集の自由度も上がりますが、まずは無料ソフトから始めるといいでしょう。

動画編集ソフトは、有料であればAdobe Premiere Proが一番おすすめに。しかし価格が年間6万以上しますから、最初から優良ソフトに手を出すにしても、安い買い切りの編集ソフトがいいかもしれません。

3Dモデル

Vtuberデビューをするならば、自分の分身となる3Dモデルが必要になります。

自分で一から制作するの良いですが、簡単のは誰かに作ってもらうことでしょう。しかしその場合、かなりの費用が発生しますので、やはりおすすめできません。

また、ネット上で3Dモデルを作るサービスもあります。ただこちらは、オリジナル性に欠けてしまいます。

自分で作るとなっても、ある程度の知識が必要になってくることも。専用ソフトを使って作る場合、それなり勉強が必要になってきますから、モデルを用意するだけでも時間がかかってしまいます。

ゲーミングPCならすぐにVtuberデビューできる?

Vtuberデビューをするためにはパソコンが必要です。そのパソコンは、できるだけスペックの高いものが理想と言えるでしょう。

具体的にはゲーミングPC程度の性能があれば問題ありません。ただし、ゲーミングPCの中でも入門モデルよりは、ミドルクラス程度があれば安定して作業ができます。

ミドルクラスのゲーミングPCは、搭載されているグラフィックボードの性能が高く、メモリやストレージ容量も不安になることがありません。

CPU性能も最新の上位製品が搭載されていますから、数年先まで長く使い続けられるのが嬉しいところ。20万円前後のゲーミングPCであれば、十分にVtuberの動画を作ることができるはずです。

もしもVtuberとして、主にゲーム実況で活動していくのであれば、重視すべきはグラフィックボードになります。ゲームのグラフィックだけでなく、生配信の画質にも影響してきますから、予算があれば高性能な製品を選びましょう。

また、動画編集でも快適な作業や書き出し時間の短縮にもつながります。効率が上がりますので、やはりグラフィックはVtuber活動において重要なパーツと言えまるでしょう。

有名Vtuberが使っているPCのスペックは?

ゲーミングPCといっても、低スペックからハイエンドまで多種多様です。

そこで実際にVtuberとして活動している方のPCを調べてみたところ、多くはミドルクラスからハイエンドのゲーミングPCを使用していることが分かりました。

ミドルクラスのゲーミングPCは、CPU=Intel Core i7・メモリ=16GB・グラフィックボード=Geforce GTX1660Tiといったような構成になります。20万円前後で購入できる場合があります。

対してハイエンドになると、CPU=Intel Core i9・メモリ=16~32GB・グラフィックボード=Geforce RTX2080Tiといったような構成に。こちらは30万円以上することが珍しくありません。

最初から高性能なゲーミングPCを買ってVtuberデビューをしたのかと言えば、決してそうではないでしょう。まずは低スペックから始めていき、有名になるにつれて、機材に投資をしていったと考えられます。

そのため、どんなゲーミングPCを使っていたとしても、まずは動画のクオリティを上げることを優先しましょう。ファンを獲得していき、実績を積み重ねていった後に高スペックのゲーミングPCを手に入れることをおすすめします。

まとめ

Vtuberデビューをするためには、ゲーミングPCがあれば十分です。高性能になればなるほど、動画や生放送など、できることの幅が広がっていきます。

マイクなどの機材も重要ですが、動画編集などの作業を考えると、まずはパソコンのスペックが最重要に。特にグラフィックボードには意識してもらって、高性能な製品を搭載するといいかもしれません。

有名Vtuberにもなれば、すぐにゲーミングPCのスペックアップも可能になるでしょう。そうなれば、よりクオリティの高い動画も作れるようになりますので、まずは頑張ってファンを獲得していってください。

スポンサードリンク

応援よろしくお願いします!

フォローする

スポンサードリンク